四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「傷官」の場合

兄弟姉妹との縁が薄いか、もしくはトラブルを生じる暗示を持っています。また、女性は夫運に恵まれない場合があります。しかし、学問、芸術方面では才能があるため、その道のトップに立つこともめずらしくはありません。
非常にプライドが高く、頭脳明晰な人が多く見られ、人を支配する力量も持ち合わせているため、トップに立ち人を指導したり支配することを好みます。また、強いカリスマ性を持つことから、人から恐れられることもあるようです。
自己中心的な感覚は、対人面に波乱を生じやすく、特に女性は損をする事が多くなります。

元命が「傷官」の場合

頭がよく、先見の明があり、美的センス、芸術的センスに優れている人が多く見られますが、プライドが高く、高慢な態度から誤解を受けやすく、言葉にもトゲがあることから、無意識に相手を傷つけてしまい、対人面に支障をきたす傾向があります。
反抗精神が旺盛で、頭を押さえつける相手に対しては反発する一方、自分を慕ってくる人や弱者に対しては非常に親切で面倒見がよいのが特徴です。
しかし、少々恩着せがましいところがあるせいか、一生懸命相手に尽くす割にはあまり感謝されず、報われないことが多いようです。

月柱の天干通変星が「傷官」、元命が「傷官」の組合せの場合

プライドが高く高慢な面があり、特に対人面が不安定となりやすいタイプです。権力志向が強く、うまくいけば上昇気流に乗りトップにまでのぼりつめる人もいますが、神経質で物事を突きつめて考えるような面があるため、ノイローゼなどにかかるようなところがあり、用心すべきです。また、体を傷つけやすい暗示を持っていますので、事故や怪我などには十分注意が必要でしょう。
この組合せのタイプは意欲的なだけに、プライドを満たせる職業であれば発展する気運を持っていますが、命式内に「正官」があると不本意な結果となりがちです。特に女性の場合は、プライドの高さから結婚運に支障が出やすい傾向となります。

性格面
プライドが高く高慢なところがあり、対人面では思わぬ誤解を生じやすいことがあります。権力志向が強くうまくいけば上昇気流に乗りますが、神経質で物事を突きつめて考えるところがありますので、下手をするとノイローゼなどにかかるようなことがあり用心すべきです。

仕事面
トップに立とうとする意欲がありますので、プライドを満たせる職業に就けば発達する気運となりますが、命式中に「正官」があると、不本意な結果となりがちです。

金銭面
金運には余り恵まれるほうではありませんが、職業の選択によっては豊かな財が得られるタイプです。

十二運星でみる������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「長生」の場合の初年期の運勢

長男、長女に産まれなくても、長男、長女の役割を担わなければならない暗示があります。
子供の時代はのびのびとしており、明るく素直で、子供らしい子供です。そのため誰からも可愛がられる安泰の初年期です。

月柱の十二運星が「死」の場合の中年期の運勢

衰退気味の中年期となり、女性にとっては家庭内のトラブルや波乱、男性にとっては変化や変転を生じる暗示があります。特に女性にとっては苦労の多い中年期となりやすい傾向があります。また、男女とも厄年には十分に注意が必要です。

日柱の十二運星が「長生」の場合の性格や運勢傾向とは

明るく積極的でバイタリティに富むタイプです。対人面は良好です。発展運は備えていますが、トップに立つより補佐役に回る方が比較的安泰です。

������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「傷官」の場合の恋愛傾向

一時の感情や情熱で恋愛にのめり込む危険性があるタイプで、恋愛面は刹那的になりがちです。男女とも異性運にはあまり恵まれている方ではなく、人によっては不倫など道ならぬ恋に走ったり、スキャンダルを起こしたりとトラブルを生じがちです。特に月柱の天干通変星が「偏印」の場合、縁談は一度でまとまらずにごたごたしがちです。
全般的に、結婚後も不安定な運気を持ち、配偶者のために苦労が絶えない暗示をもっています。特に女性の方に凶意が強く、多くは結婚後に苦労する傾向があります。なお、早婚より晩婚の方が結婚生活は安定するでしょう。

そして女性であるあなたの場合、月柱の天干通変星が「劫財」「傷官」「正官」の場合は、夫との生死別の暗示があります。家庭生活はごたごたしやすく、夫とのトラブルには十分な注意が必要です。
また、月柱の天干通変星が「傷官」の場合は愛情面でのトラブルを生じやすく、不用意な恋愛をしないよう気をつけましょう。

日柱の地支通変星が「偏官」の場合の配偶者のタイプ

先天的な配偶者運はあまりよいとは言えず、特に命式が「身弱」の場合は、凶兆が出やすくなります。命式中の元命に「偏官」を持つ相手に縁を生じやすく、自分自身と同じような質をもつ相手に惹かれやすい傾向があります。
あなたの配偶者のタイプは行動はで活動的なタイプが多く、反面短気で横柄な一面を持っています。

そして女性であるあなたは、あなたが惹かれる相手や、あなたの配偶者のタイプは、行動的で男性的なたくましさがあります。また、少々乱暴で暴力的な一面を持っています。
命式中に「正官」や「偏官」が多いと、結婚面が不安定となりがちです。特に、命式が「身弱」で命式中に「偏官」が3つ以上ある場合には、夫に剋害こくがいされることが多くなります。よほど相性のよい相手を選ばない限り、結婚生活は苦労が多くなりがちです。

������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

逆行運:20日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~2005年
0-7歳
辛酉 傷官 刑(月)
~2015年
8-17歳
庚申 食神 暗禄・天厨貴人・福星貴人・文昌貴人・月徳貴人・血刃・駅馬 冲(年)、刑(年)、冲(日)、刑(日)
~2025年
18-27歳
己未 劫財 金輿禄・大極貴人・天乙貴人
~2035年
28-37歳
戊午 比肩 帝旺 羊刃・隔角 半会(年)、半会(日)
~2045年
38-47歳
丁巳 印綬 建禄 亡神 刑(年)、半会(月)、刑(日)
~2055年
48-57歳
丙辰 偏印 冠帯 紅艶・大極貴人 支合(月)、干合(月)
~2065年
58-67歳
乙卯 正官 沐浴 月徳合貴人・咸池
~2075年
68-77歳
甲寅 偏官 長生 天徳貴人
~2085年
78-87歳
癸丑 正財 大極貴人・天乙貴人・華蓋 干合(年)、半会(月)、干合(日)
~2095年
88-97歳
壬子 偏財 飛刃・因獄 破(月)
~2105年
98-107歳
辛亥 傷官 天徳合貴人・劫殺 支合(年)、破(年)、支合(日)、破(日)
~2115年
108-117歳
庚戌 食神 大極貴人・月徳貴人 半会(年)、害(月)、半会(日)

������������さんの元命は「傷官星(凶星)」で命式は「身弱」です。

傷官星が凶を発揮しない条件
  • 命式が「身旺」で「偏財」「正財」があるか、「身弱」で「印綬」がある場合
  • 干合する場合
傷官星が凶を発揮する条件
  • 「正官」が巡るとき
  • 「比肩」「劫財」がある場合

大運十二運星で見る2016年 ~ 2025年(18~27歳)までの運勢は

大運の力が弱くなるため、命式が「身弱」の人には少々辛い時期となります。しかし、命式中の元命にとって吉星が巡っていれば比較的安泰ですが、それでも万事控えめにした方が無難です。逆に「身旺」の人にとってはかえって安泰な時期となり、命式中の元命にとって吉星が巡っていれば、物事が比較的スムーズに展開していきます。「身旺・身弱」とも元命に対して凶星が巡っている場合は、絶対に無理は禁物です。特に「身弱」の人は注意が必要でしょう。

������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 23歳辛丑傷官
2022年 24歳壬寅偏財長生
2023年 25歳癸卯正財沐浴
2024年 26歳甲辰偏官冠帯
2025年 27歳乙巳正官建禄
2026年 28歳丙午偏印帝旺
2027年 29歳丁未印綬
2028年 30歳戊申比肩
2029年 31歳己酉劫財
2030年 32歳庚戌食神

歳運から見た������������さんの2021年の運勢

������������さんにとって2021年はトラブルを生じやすい年です。不名誉な事件を起こしたり、わずらわしい出来事に巻き込まれたりしがちで、仕事面でも苦労や悩みを生じます。
反抗的気運が高まる時で対人面が不安定となる傾向があります。女性の場合は男性とのトラブルに注意が必要で、特に既婚女性は夫との関係に変化やトラブルを生じやすくなります。

低迷運
  • 対人面に難を生じやすく、トラブルが起きやすい年。
  • 自分勝手な行動は慎むこと。
  • 既婚女性は夫との関係が不安定となりやすい。

歳運から見た������������さんの翌年(2022年)の������������さんの運勢

������������さんにとって2022年は金銭の出入りが激しい年で、収入が合っても即支出に結びつくというように、右から左へとお金が出ていく傾向があります。また、金銭に関する問題が生じやすいときでもあります。特に命式が「身弱」の人は健康にも注意が必要なときとなります。
また、男性は女性問題を起こしやすい傾向がありますので、既婚男性は特に注意が必要でしょう。

順調運
  • 金銭面、仕事面にツキがある年。
  • それだけに浪費には注意!!
  • 健康面に十分な気配りが必要な年。