四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2019年)と来年(2020年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時:時 
性別: 
名前:
※名無しても占えます。

各柱の通変星でみる仵一鳴さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「傷官」の場合

兄弟姉妹との縁が薄いか、もしくはトラブルを生じる暗示を持っています。また、女性は夫運に恵まれない場合があります。しかし、学問、芸術方面では才能があるため、その道のトップに立つこともめずらしくはありません。
非常にプライドが高く、頭脳明晰な人が多く見られ、人を支配する力量も持ち合わせているため、トップに立ち人を指導したり支配することを好みます。また、強いカリスマ性を持つことから、人から恐れられることもあるようです。
自己中心的な感覚は、対人面に波乱を生じやすく、特に女性は損をする事が多くなります。

元命が「印綬」の場合

元命に「印綬」を持つ人は聡明で沈着冷静なタイプが多く見受けられます。情に流されずクールで、物静かな性格ですが、自己中心的な面があるせいか、時として周囲に冷たい印象を与えることがあります。命式中に「正官」か「偏官」のどちらかがある場合は早い時期に成功のきっかけをつかみ、頭角を現すでしょう。
古典的な物を好み伝統を重んじるタイプですので、命式中に「正財」「偏財」が無ければ研究や学問の分野で活躍する人もいるようです。

月柱の天干通変星が「傷官」、元命が「印綬」の組合せの場合

人一倍感性が鋭く、感情家で感激屋です。自分の思うように生きるタイプが多く、滅多に人の意見には耳を貸しません。人の面倒見はよい方なのですが、単機で逆上型なので人間関係が不安定となりがちです。人を見る目を養わなければ対人関係でつまずく恐れがあります。
この組合せのタイプは多彩な才能の持ち主が多く、特に技術、芸術、学術方面に優れています。アイデアが豊富で創造性や独創性に恵まれ、その方面に進めば第一線で活躍することも夢ではありません。

性格面
外見を気にするタイプで、少々エゴイストなところがあります。女性は子供縁が薄い暗示があり、命式で月柱以外にも「印綬」がある場合は、夫にも苦労しそうです。

仕事面
個人で出来る職業が向いており、文学、芸術、学術、スポーツ方面に適しています。また、実力を過信しすぎての失敗には、注意しましょう。

金銭面
名誉が得られても金運は今ひとつというところがあり、外見ほどに財には恵まれない傾向があります。

十二運星でみる仵一鳴さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「絶」の場合の初年期の運勢

親との縁が薄い暗示があり、早くから自立する傾向があります。また、健康に恵まれにくい暗示を持ちます。
子供時代には怪我をしやすい傾向があり注意が必要です。また、親とシーソーのような関係となる運気のため、親が発展していれば、自分自身が健康に恵まれずに病弱となったり、反対に、本人が健康で発展していけば、親の運気が低迷したり、片親との生き別れや死別を味わったりする傾向があります。

月柱の十二運星が「胎」の場合の中年期の運勢

大きな変転や変動の暗示がある中年期となり、運勢が急変することがあります。日柱の十二運星が「冠帯」「建録」「帝旺」のどれかであれば、大きく運をつかんで発展する暗示がありますが、それ以外であれば、持続性が少なく、特に仕事面が不安定となりがちです。

日柱の十二運星が「絶」の場合の性格や運勢傾向とは

沈着なタイプですが、時として激情する不安定さを秘めています。男女とも結婚運が不安定となりがちで、色上面には気をつける必要があります。特に男性は家庭を軽視する傾向があるので注意が必要でしょう。

仵一鳴さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「印綬」の場合の恋愛傾向

沈着冷静でクールなタイプですので、我を忘れるほどの情熱的な恋に陥ることは少ないようです。自分の立場を第一に考えるため、相手の事を思いやるというより自分中心の恋愛をしがちです。

そして男性であるあなたの場合、クールで冷静なタイプだけに、女性問題で失敗することはあまりありません。月柱の天干通変星が「劫財」の場合は、妻子を剋し、傷つけがちとなりますので、相手への思いやりをもつことが必要でしょう。

日柱の地支通変星が「正財」の場合の配偶者のタイプ

自分自身と同じような質をもつ相手や、元命に「正財」を持つ相手に惹かれたり縁を生じたりします。あなたの配偶者のタイプは几帳面なタイプが多く、堅実でまじめ、常識的な感性を持っています。全般的な傾向としては家庭的でマイホーム型の配偶者に縁があります。しかし、命式中の元命が「比肩」や「劫財」の場合、あなたが原因で家庭生活が思うようにいかなくなることがあり、「印綬」の場合には、結婚後に苦労が多くなる暗示があります。

そして男性であるあなたは、先天的な配偶者運はとてもよく、あなたの配偶者は家庭的なタイプで家庭内のことはきちんとする女性です。あなた自身も配偶者にしっかりと家庭を守って貰いたい欲求が強く、家庭的で従順な相手を好む傾向があります。特に命式中の元命が「正官」であれば、配偶者から援助される暗示をもっています。しかし、命式が「身弱」で命式中に「食神」や「傷官」が多いと、あなたの精力が奪われる形となり、結婚後は身体を弱めることになりがちです。また、命式中に「正財」や「偏財」が多い場合や「偏財」がある場合は、家庭生活が不安定となりがちで、特に、あなたの命式が「身弱」で「正財」や「偏財」が命式中に多い場合には不安定さがより強まります。

仵一鳴さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

逆行運:7日

                   
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1989年
0-2歳
壬寅 傷官 大極貴人・天乙貴人・天徳合貴人・亡神 干合(年)
~1999年
3-12歳
辛丑 比肩 月徳合貴人
~2009年
13-22歳
庚子 劫財 長生 天厨貴人・文昌貴人・咸池 刑(年)、刑(日)
~2019年
23-32歳
己亥 偏印 沐浴 金輿禄・大極貴人 半会(年)、支合(月)、破(月)、半会(日)
~2029年
33-42歳
戊戌 印綬 冠帯 羊刃・華蓋 支合(年)、半会(月)、支合(日)
~2039年
43-52歳
丁酉 偏官 建禄 紅艶・天徳貴人・因獄 冲(年)、干合(月)、冲(日)
~2049年
53-62歳
丙申 正官 帝旺 月徳貴人・劫殺 刑(月)、干合(日)
~2059年
63-72歳
乙未 偏財 血刃 半会(年)、半会(日)
~2069年
73-82歳
甲午 正財 天乙貴人・隔角 破(年)、半会(月)、破(日)
~2079年
83-92歳
癸巳 食神 福星貴人・駅馬 刑(月)

仵一鳴さんの元命は「印綬星(吉星)」で命式は「身弱 」です。

印綬星が吉を発揮する条件
  • 「偏官」「正官」がある場合
  • 命式が「身弱」の場合
印綬星が吉を発揮しない条件
  • 「正財」がある場合。このとき、命式中に「劫財」がある場合は「正財」による凶意はかなり抑えられます。
  • 「干合」する場合
  • 「印綬」が3つ以上ある場合

大運十二運星で見る2010年 ~ 2019年(23~32歳)までの運勢は

物事に迷いを生じやすいときとなり、変化を求める気持ちが強まる時期です。職業上の迷い、住居の変動、人間関係の変化が生じやすく、とかく無理をすると失敗しやすいときでもありますので、足下を十分に見つめ直してから行動する事が大切です。また、男女とも色情トラブルが生じやすくなり、健康についても注意が必要です。
命式中の元命にとって吉の通変星が巡っていても油断は禁物です。また、身弱・身旺の人も元命にとって凶星が巡っていれば要注意です。

仵一鳴さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2019年 32歳己亥偏印沐浴
2020年 33歳庚子劫財長生
2021年 34歳辛丑比肩
2022年 35歳壬寅傷官
2023年 36歳癸卯食神
2024年 37歳甲辰正財
2025年 38歳乙巳偏財
2026年 39歳丙午正官
2027年 40歳丁未偏官
2028年 41歳戊申印綬帝旺

歳運から見た仵一鳴さんの2019年の運勢

仵一鳴さんにとって2019年は新しいことにチャレンジしたくなる年です。コレまでの方針を変更したり、改革を試みたくなったり、また、偏角を余儀なくされることもあります。しかし、この年は苦労の多い年ともなり、思わぬ病気や怪我などにも遭いやすく、健康面も不安定となりがちです。運勢的には低迷運となります。

変動運
  • ひとつのことに集中できずに迷いが出やすい年。
  • 新しいことにチャレンジしても思うような展開とはなりにくい

歳運から見た仵一鳴さんの翌年(2020年)の仵一鳴さんの運勢

仵一鳴さんにとって2020年は全般的に金銭面での損失が多い年となります。対人面でのトラブルなども起きやすく、不安定となりやすい時期です。特に命式が「身旺」の人に取っては注意したい年となります。
既婚男性は、家庭内でのトラブルには注意が必要で、配偶者との関係が不安定となりがちです。

順調運
  • 人の世話などで奔走することがあり、忙しい年となるが、活気にあふれる年。
  • 特に命式が「身弱」の人は良好な年で、協力者や援助者が出現したりして積極的な活動が期待出来る。