四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2019年)と来年(2020年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時:時 
性別: 
名前:
※名無しても占えます。

各柱の通変星でみる小暮あきさんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「食神」の場合

衣食住に不自由せず、親戚や身内からも助けられる暗示を持ちます。金運にも恵まれるのですが、浪費癖がつく人もおり、その点は注意が必要です。
遊びの星でもある「食神星」は楽しむことが好きなタイプが多く見られ、趣味や遊び、仕事に関してさえも楽しみながらやる楽天性を持っています。また、自分の好きなことに関しては、たぐいまれな集中力を発揮して成し遂げるタイプですが、人から急がされたりすることを嫌います。

元命が「印綬」の場合

元命に「印綬」を持つ人は聡明で沈着冷静なタイプが多く見受けられます。情に流されずクールで、物静かな性格ですが、自己中心的な面があるせいか、時として周囲に冷たい印象を与えることがあります。命式中に「正官」か「偏官」のどちらかがある場合は早い時期に成功のきっかけをつかみ、頭角を現すでしょう。
古典的な物を好み伝統を重んじるタイプですので、命式中に「正財」「偏財」が無ければ研究や学問の分野で活躍する人もいるようです。

月柱の天干通変星が「食神」、元命が「印綬」の組合せの場合

少々わがままで身勝手な面がありますが、自分の意見に従う者に対しては、面倒見の良さを発揮します。おっとりとしているように見えても、実は芯が強く、なかなかのしっかり者で、合理主義者が多く見られます。
この組合せのタイプは、若い頃は苦労があっておm、発展する気運があり、周囲の信頼を集めて次第に確固たる地位を築いていきます。女性の場合は、結婚運に支障を生じやすい傾向があり、また、身勝手なわがままを押し通そうとして足下をすくわれぬよう注意が必要です。

性格面
外見を気にするタイプで、少々エゴイストなところがあります。女性は子供縁が薄い暗示があり、命式で月柱以外にも「印綬」がある場合は、夫にも苦労しそうです。

仕事面
個人で出来る職業が向いており、文学、芸術、学術、スポーツ方面に適しています。また、実力を過信しすぎての失敗には、注意しましょう。

金銭面
名誉が得られても金運は今ひとつというところがあり、外見ほどに財には恵まれない傾向があります。

十二運星でみる小暮あきさんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「冠帯」の場合の初年期の運勢

親の運気の強いときに生まれることが多く、わがままに育つことが多いようです。親の手厚い庇護ひごがあるため、初年期は安泰と言えますが、中年期以降になると夫婦縁が変わることがあります。
子供時代は活力のある子供です。人によって違いはありますが、スポーツなどをすると伸びる可能性があります。

月柱の十二運星が「病」の場合の中年期の運勢

波乱の多い中年期となることが多く、今までの境遇ががらりと変わったり、また、人生観が変わったりで、良いことに関しても、悪いことに関しても、今までの人生が一変する暗示を持ちます。これまで順調だった人に取っては波乱が多く、困難や苦労が多くなる傾向があります。

日柱の十二運星が「冠帯」の場合の性格や運勢傾向とは

頑固な性格です。我が強く、自己本位なところがあり、ワンマンなタイプです。住所の変転が多く、家庭運が不安定となりがちです。女性は良縁に恵まれない傾向があります。

小暮あきさんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「印綬」の場合の恋愛傾向

沈着冷静でクールなタイプですので、我を忘れるほどの情熱的な恋に陥ることは少ないようです。自分の立場を第一に考えるため、相手の事を思いやるというより自分中心の恋愛をしがちです。

そして女性であるあなたの場合、月柱の天干通変星が「印綬」の場合、夫で苦労する傾向があります。

日柱の地支通変星が「比肩」の場合の配偶者のタイプ

自分自身と同じような質をもつ相手や、元命に「比肩」を持つ相手に惹かれたり縁を生じたりします。相手が「比肩」の特質である頑固さ、自我の強さのある人で、自身の命式が「身弱」であれば運勢的には助けられますが、「身旺」であれば喧嘩が絶えず、結婚生活は苦労が多い暗示を持ちます。特に自分の元命が「正財」か「偏財」の場合はトラブルが多い傾向となります。

そして女性であるあなたは、あなたが惹かれる相手や配偶者のタイプは自営業や自由業などの職種か、独立独歩で人生を切り開いて行くタイプです。頑固で生一本、人からの指示や指図を嫌う傾向があります。がっちりとした体格でどちらかというと背丈はあまり高い方ではないでしょう。

小暮あきさんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:27日

                   
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1995年
0-10歳
乙酉 食神 月徳合貴人・血刃 半会(年)、刑(月)、半会(日)
~2005年
11-20歳
丙戌 正財 刑(年)、害(月)、刑(日)
~2015年
21-30歳
丁亥 偏財 帝旺 天徳合貴人・駅馬
~2025年
31-40歳
戊子 正官 建禄 支合(年)、破(月)、支合(日)、干合(日)
~2035年
41-50歳
己丑 偏官 冠帯 羊刃・暗禄・福星貴人・華蓋 半会(月)
~2045年
51-60歳
庚寅 印綬 沐浴 金輿禄・月徳貴人・天徳貴人・劫殺 干合(年)、干合(月)
~2055年
61-70歳
辛卯 偏印 長生 天厨貴人・文昌貴人・天乙貴人・隔角・因獄
~2065年
71-80歳
壬辰 劫財 破(年)、支合(月)、破(日)
~2075年
81-90歳
癸巳 比肩 大極貴人・天乙貴人 半会(年)、半会(月)、半会(日)、三合(年-月)、三合(月-日)
~2085年
91-100歳
甲午 傷官 咸池 害(年)、干合(年)、干合(月)、害(日)

小暮あきさんの元命は「印綬星(吉星)」で命式は「身旺 」です。

印綬星が吉を発揮する条件
  • 「偏官」「正官」がある場合
  • 命式が「身弱」の場合
印綬星が吉を発揮しない条件
  • 「正財」がある場合。このとき、命式中に「劫財」がある場合は「正財」による凶意はかなり抑えられます。
  • 「干合」する場合
  • 「印綬」が3つ以上ある場合

大運十二運星で見る2016年 ~ 2025年(31~40歳)までの運勢は

運気は強く、盛大となりますが、特に命式が「身旺」の人にとっては、順調で何事もうまくいく時期となります。「身旺」の人で、命式中の元命にとって吉の通変星が巡っていれば、前五年は比較的順調ですが、後五年は失敗や苦労が多くなりますので、特に気をつけなければなりません。凶星が巡っていれば、十年間は何事にも慎重さが必要となります。それ以外の人で、特に「身弱」の人は、非常な発展期となります。しかし、元命にとって凶星が巡っている場合は、無理は禁物で、特に前五年は用心したいところです。

小暮あきさんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2019年 34歳己亥偏官帝旺
2020年 35歳庚子印綬建禄
2021年 36歳辛丑偏印冠帯
2022年 37歳壬寅劫財沐浴
2023年 38歳癸卯比肩長生
2024年 39歳甲辰傷官
2025年 40歳乙巳食神
2026年 41歳丙午正財
2027年 42歳丁未偏財
2028年 43歳戊申正官

歳運から見た小暮あきさんの2019年の運勢

小暮あきさんにとって2019年はトラブルが起きやすい年で不安定な運気となります。対人面では特に喧嘩や口論などに注意が必要でしょう。
また、体調にも注意が必要で過労からの疾病には気をつける必要があります。
女性の場合は、男性との縁を生じやすい年です。また、不倫に陥りやすい年ともなりますので、注意が必要でしょう。

順調運
  • 社会的発展が可能な年で、努力のしがいがある時。
  • 地位向上や名誉を得られることもあり得る。
  • 女性は男性に恵まれる年。

歳運から見た小暮あきさんの翌年(2020年)の小暮あきさんの運勢

小暮あきさんにとって2020年は勉学によい時期で、技術や知識を習得するのには最適な年となります。
目上からの引き立ても期待でき、社会的な名誉が得やすい年です。
また、今後のことや将来のことをじっくり考えるのにはよい時期です。

吉凶運
  • 自己を過信しやすいときで、人の助言や忠告に耳を貸さずに独断専行しやすい年。
  • しかし、命式が「身弱」の人は比較的安泰となる。
  • 技術、芸術面は発達する。