四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「食神」の場合

衣食住に不自由せず、親戚や身内からも助けられる暗示を持ちます。金運にも恵まれるのですが、浪費癖がつく人もおり、その点は注意が必要です。
遊びの星でもある「食神星」は楽しむことが好きなタイプが多く見られ、趣味や遊び、仕事に関してさえも楽しみながらやる楽天性を持っています。また、自分の好きなことに関しては、たぐいまれな集中力を発揮して成し遂げるタイプですが、人から急がされたりすることを嫌います。

元命が「偏財」の場合

奉仕と博愛の意味を持つ「偏財星」を元命に持つ人は愛情豊で世話好きなタイプが多く見られます。
サービス精神が旺盛で人を引きつける魅力があり、多くの人から慕われます。そのため、男性の場合は特に女縁に恵まれる暗示を持ちます。命式中に「正財星」「偏財星」があると艶福家えんぷくかになるか女難の相のどちらかとなります。
命式が「身旺」であれば艶福家、「身弱」であれば女難の相となります。
交際範囲も広く人付き合いもよい性格ですので、交際費がかさむ傾向があります。収入があっても気前よく散財して収支のバランスを崩しがちな面には気をつける必要があります。

月柱の天干通変星が「食神」、元命が「偏財」の組合せの場合

男女とも人を引きつける魅力に富んでおり社交家です。趣味が豊かな人が多く、人生を楽しく生きるタイプが多いようです。特に男性は艶福家えんぷくかが多く、月柱以外に食神星があれば、その傾向が強まり、女性問題を起がちです。
この組合せのタイプは束縛を嫌う人が多く見られますが、財運には恵まれる暗示を持つだけに、仕事面では有力者や条約の引き立てが期待出来るでしょう。積極姿勢があるので一層の発展が可能です。

性格面
太っ腹なところがあり、思い切りの良い性格です。福分の厚い生まれで、何事もスムーズに展開します。しかし、男性は遊び好きで女性問題を起こしやすく、特に命式で月柱以外にも「正財」や「偏財」があると、その傾向が強まります。女性は男性に尽くし、貢ぐタイプが多いようです。

仕事面
出世運に恵まれ、どのような仕事であっても発展する可能性があります。サラリーマンはもとより、自営や共同事業でも成功できます。

金銭面
財運に恵まれていますが、気前よく散財するタイプです。特に男性は女性のための散財が多く、女性は男性に貢ぐところがあります。

十二運星でみる������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「死」の場合の初年期の運勢

親との縁が薄い傾向があり、生き別れや死別する暗示を持っています。反対に親にいつくしまれて育つと本人自身が病弱となる傾向があります。
子供時代は素直な子供ですので、人からは好かれますが、やや八方美人的な所がみられ、要領のよい子供という印象を持たれるでしょう。

月柱の十二運星が「絶」の場合の中年期の運勢

家庭面に波乱を生じやすい暗示を持ち、精神面にも落ち込みの激しい運気となります。特に「干支生剋」で日柱との「冲」や「刑」をもつ人は、配偶者とのトラブルには十分に気をつける必要があるでしょう。
また、男女とも厄年には十分な注意が必要です。

日柱の十二運星が「死」の場合の性格や運勢傾向とは

頭がよいタイプが多く、器用ですが、せっかちで短気なところがあります。家庭や配偶者などの病気で苦労することがありますが、堅実さを心がければ安泰となるでしょう。

������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「偏財」の場合の恋愛傾向

社交的なタイプが多く、愛情豊で世話好きです。交際範囲も広く、男女とも異性にモテる人が多いようです。
月柱の天干通変星に「劫財」がある場合、色情の過ちを生じやすくなり、「比肩」の場合には、異性問題で金銭トラブルを生じることがあり、注意が必要でしょう。

そして男性であるあなたの場合、異性運に恵まれるタイプのため、多情な面が見られ、女性問題を生じやすくなります。月柱の天干通変星が「正財」「偏財」の場合は、特にその傾向が強くなりがちです。結婚後は女性問題でトラブルを生じないよう注意が必要でしょう。

日柱の地支通変星が「正官」の場合の配偶者のタイプ

自分自身と同じような質をもつ相手や、元命に「食神」を持つ相手に惹かれたり縁を生じたりします。あなたの配偶者のタイプは、礼儀や節度を重んじ、少々融通性に欠ける面がありますが、誠実なタイプです。特に命式中の元命が「印綬」の場合は、よい配偶者に恵まれ結婚後は発展する暗示をもちます。

そして男性であるあなたは、あなたの配偶者は礼儀正しく、どこか気品があります。温和で品行方正なタイプが多いのですが、命式が「身弱」で、命式中に「印綬」が無ければ、あなたに対して厳しい注文を付ける傾向があります。

������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

逆行運:19日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1983年
0-6歳
癸卯 食神 因獄
~1993年
7-16歳
壬寅 傷官 大極貴人・天乙貴人・劫殺 刑(年)、害(年)、干合(年)、刑(日)、害(日)
~2003年
17-26歳
辛丑 比肩 半会(年)、半会(日)
~2013年
27-36歳
庚子 劫財 長生 天厨貴人・文昌貴人 刑(月)
~2023年
37-46歳
己亥 偏印 沐浴 金輿禄・大極貴人・月徳合貴人・駅馬 冲(年)、半会(月)、冲(日)
~2033年
47-56歳
戊戌 印綬 冠帯 羊刃 支合(月)、干合(月)
~2043年
57-66歳
丁酉 偏官 建禄 紅艶・隔角 半会(年)、半会(日)
~2053年
67-76歳
丙申 正官 帝旺 天徳貴人・亡神 支合(年)、刑(年)、破(年)、支合(日)、刑(日)、破(日)、干合(日)
~2063年
77-86歳
乙未 偏財 華蓋 半会(月)
~2073年
87-96歳
甲午 正財 天乙貴人・月徳貴人・咸池 破(月)
~2083年
97-106歳
癸巳 食神 福星貴人・天徳合貴人・血刃
~2093年
107-116歳
壬辰 傷官 飛刃・暗禄 干合(年)、害(月)

������������さんの元命は「偏財星(吉星)」で命式は「身弱」です。

偏財星が吉を発揮する条件
  • 「食神」がある場合
  • 「正官」が巡る場合
偏財星が吉を発揮しない条件
  • 「干合」する場合
  • 「比肩」や「劫財」が巡る場合
  • 「偏財」「正財」が3つ以上ある場合

大運十二運星で見る2014年 ~ 2023年(37~46歳)までの運勢は

物事に迷いを生じやすいときとなり、変化を求める気持ちが強まる時期です。職業上の迷い、住居の変動、人間関係の変化が生じやすく、とかく無理をすると失敗しやすいときでもありますので、足下を十分に見つめ直してから行動する事が大切です。また、男女とも色情トラブルが生じやすくなり、健康についても注意が必要です。
命式中の元命にとって吉の通変星が巡っていても油断は禁物です。また、身弱・身旺の人も元命にとって凶星が巡っていれば要注意です。

������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 44歳辛丑比肩
2022年 45歳壬寅傷官
2023年 46歳癸卯食神
2024年 47歳甲辰正財
2025年 48歳乙巳偏財
2026年 49歳丙午正官
2027年 50歳丁未偏官
2028年 51歳戊申印綬帝旺
2029年 52歳己酉偏印建禄
2030年 53歳庚戌劫財冠帯

歳運から見た������������さんの2021年の運勢

������������さんにとって2021年は独立心が強くなり、自我も相当強くなるタイミングですので、積極的に物事をやろうとする気運が高まります。しかし、やり過ぎによる失敗など、勇み足には注意が必要です。
何事においても慎重に行動することが望まれる年となり、命式が「身旺」の人は特に注意が必要です。
既婚女性の場合で、結婚に不安のある人は、離別し独立する運気が高まります。

注意運
  • 金銭トラブルや損失があるときで、思わぬ災難に注意したい年。
  • 対人面も不安定となりやすい。

歳運から見た������������さんの翌年(2022年)の������������さんの運勢

������������さんにとって2022年はトラブルを生じやすい年です。不名誉な事件を起こしたり、わずらわしい出来事に巻き込まれたりしがちで、仕事面でも苦労や悩みを生じます。
反抗的気運が高まる時で対人面が不安定となる傾向があります。女性の場合は男性とのトラブルに注意が必要で、特に既婚女性は夫との関係に変化やトラブルを生じやすくなります。

注意運
  • 副収入など、思わぬ収入が期待出来る年。
  • その反面、対人面が不調になりやすい年。