四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「偏財」の場合

空亡、冲、刑がなければ、資産家の生まれであることが多く、祖先の恩恵が厚いタイプです。しかし、命式中に「比肩星」が多いと財産争いをする暗示を持ちます。男性は女縁が多いとされます。
魅力的なタイプが多く、趣味も豊富、話題も豊富です。流通財の星でもある「偏財星」のため、お金の出入りは激しいですが、金運にはツキがあります。芸術や芸能に造詣ぞうけいの深い人が多く、遊び仲間や趣味仲間としては最高に楽しい相手と言えます。
男女とも魅力的なタイプだけに異性問題を起こしやすい暗示を持っており、特に男性は艶福家えんぷくかとなる傾向があります。

元命が「偏官」の場合

元命に「偏官」を持つ人は豪気ごうき義侠心ぎきょうしんに富む親分肌の人が多く見られます。弱者にとっては頼りがいのある心強い人物となりますが、その反面、競争心や闘争心が強いため人と衝突しやすいところには注意が必要です。
また、冒険心が旺盛で即実行に移す行動力がありますが、しっかりと計画を立てた上で行動するタイプではないため、時として失敗することがあります。
権謀術策けんぼうじゅっさくに秀でており、自らを高く評価する自信家ですが、単機で横柄な面には気をつけたいところです。
特に男性はアルコールが入ると人と衝突しやすくなりますので注意が必要です。

月柱の天干通変星が「偏財」、元命が「偏官」の組合せの場合

野心家で権力志向の強いタイプです。頑張り屋さんですが傍若無人ぼうじゃくぶじんなところがあるため、生意気とみられて、損をすることがあります。何事も、最初は勢いがあるのですが、尻すぼみとなりがちな点に注意しましょう。
この組合せのタイプは発展する可能性を内に秘めていますが転業や転職を繰り返すと尻すぼみとなり、苦労も多くなりがちです。月柱以外に「正官」を持っている人はその傾向が強まりますので注意が必要でしょう。女性は夫に苦労する暗示を持っています。

性格面
粗野なタイプが多く、命式が「身弱」の人は独立心に乏しく依頼心が強くなります。また、人生に大きな波が訪れるなど、何かと苦労しがちです。女性は夫とのことで苦労することが多く、命式で月柱以外に「正官」があると、男性関係が乱れが地となります。

仕事面
仕事上のトラブルを生じやすく、組織内では苦労が多くなります。特殊な才能を生かす職業や一匹狼的な職業に向いており、プロのスポーツ選手なども適職です。

金銭面
金銭的には余りツキのない生まれで、金銭の損失も度々で苦労するでしょう。早くから堅実な財正管理を心がける必要があります。

十二運星でみる������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「建禄」の場合の初年期の運勢

親の愛にはぐくまれて成長する場合が多く、親の恩恵の厚い生まれです。子供時代は非常に大人びた考えを持つ子供で、実際の年齢より年上に見られることが多いようです。

月柱の十二運星が「長生」の場合の中年期の運勢

発展する気運を秘める中年期となります。しかし、一度つまづくと低迷することがあります。実際の年齢よりも若く見られる人が多く、若々しい中年期となります。
親の世話や、兄弟の面倒を担う事も多く、長男、長女でなくてもその役割を担うことが多くなります。

日柱の十二運星が「帝旺」の場合の性格や運勢傾向とは

激しい気性をもつ個性派です。プライドが高く、人からの命令を嫌います。独立独歩で人生を切り開く運をもっています。強すぎる運のため、女性は結婚面に支障を生じがちです。

������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「偏官」の場合の恋愛傾向

波乱が多い恋愛運となり、愛上面でのトラブルを起こしやすい傾向があります。熱しやすく、冷めやすいタイプとなり、特に女性にとっては凶兆きょうちょうが出やすくなります。

そして女性であるあなたの場合、月柱の天干通変星が「劫財」「正官」の場合、男性運が不安定となります。再婚することもあり波乱が多くなります。また、月柱の天干通変星に「偏印」がある場合は、移り気な面に注意しなければ、奔放ほんぽうなタイプとなる可能性があります。
また、月柱の天干通変星に「偏官」があったり、命式中に「偏官」が3つ以上ある場合は、なかなか結婚が決まらなかったり、異性トラブルを生じたりして結婚運に恵まれない傾向があります。特に、命式が「身弱」の人はその傾向が強く、結婚後に夫に苦労させられたり、情に流されて男性遍歴を繰り返す人もあるようです。

日柱の地支通変星が「印綬」の場合の配偶者のタイプ

自分自身と同じような質をもつ相手や、元命に「印綬」を持つ相手に惹かれたり縁を生じたりします。あなたの配偶者のタイプは理知的なタイプが多く、学術や技術に優れており、常に冷静でクールな面を持っています。少々自分勝手な相手ですが、命式が「身弱」の場合ですと相手から助けられることが多く、無くてはならない配偶者となります。

そして女性であるあなたは、あなたが惹かれる相手や配偶者のタイプは、非常に頭がよい人やハンサムな相手が多く、物静かでインテリタイプといわれる人が多いのが特徴です。閉鎖的な面があり、少々自分勝手で利己的なところがありますが、あなたに対しては優しく、また包容力を発揮しあなたを守ってくれます。特に、命式が「身弱」の場合は、良好な配偶者運となります。しかし、「身旺」の場合には、相手の優しさに甘えることが多くなり、あなた自身がワンマンとなりがちです。あなた自身のわがままを抑えない限り、家庭生活は不安定となるでしょう。

������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:4日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1978年
0-1歳
壬寅 偏財 長生 天徳合貴人・劫殺 刑(年)、害(年)、干合(年)、半会(日)
~1988年
2-11歳
癸卯 正財 沐浴 因獄・咸池 破(日)、干合(日)
~1998年
12-21歳
甲辰 偏官 冠帯 紅艶・大極貴人・血刃
~2008年
22-31歳
乙巳 正官 建禄 血刃・亡神 刑(月)
~2018年
32-41歳
丙午 偏印 帝旺 羊刃・月徳貴人・咸池 半会(月)、刑(日)
~2028年
42-51歳
丁未 印綬 金輿禄・大極貴人・天乙貴人・天徳貴人 干合(月)、支合(日)、方合(年-日)
~2038年
52-61歳
戊申 比肩 暗禄・天厨貴人・福星貴人・文昌貴人・亡神・駅馬 支合(年)、刑(年)、破(年)、刑(月)
~2048年
62-71歳
己酉 劫財 隔角 半会(年)
~2058年
72-81歳
庚戌 食神 大極貴人・華蓋 半会(月)、半会(日)、三合(月-日)
~2068年
82-91歳
辛亥 傷官 月徳合貴人・駅馬・劫殺 冲(年)、支合(月)、破(月)
~2078年
92-101歳
壬子 偏財 飛刃・天徳合貴人・因獄 干合(年)、冲(日)
~2088年
102-111歳
癸丑 正財 大極貴人・天乙貴人 半会(年)、害(日)、干合(日)

������������さんの元命は「偏官星(凶星)」で命式は「身旺」です。

偏官星が凶を発揮しない条件
  • 「干合」する場合
  • 「食神」か「印綬」が巡る場合
偏官星が凶を発揮する条件
  • 「正官」が巡る場合
  • 「偏官」が3つ以上ある場合
  • 「偏財」「正財」がある場合

大運十二運星で見る2019年 ~ 2028年(42~51歳)までの運勢は

大運の力が弱くなるため、命式が「身弱」の人には少々辛い時期となります。しかし、命式中の元命にとって吉星が巡っていれば比較的安泰ですが、それでも万事控えめにした方が無難です。逆に「身旺」の人にとってはかえって安泰な時期となり、命式中の元命にとって吉星が巡っていれば、物事が比較的スムーズに展開していきます。「身旺・身弱」とも元命に対して凶星が巡っている場合は、絶対に無理は禁物です。特に「身弱」の人は注意が必要でしょう。

������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 44歳辛丑傷官
2022年 45歳壬寅偏財長生
2023年 46歳癸卯正財沐浴
2024年 47歳甲辰偏官冠帯
2025年 48歳乙巳正官建禄
2026年 49歳丙午偏印帝旺
2027年 50歳丁未印綬
2028年 51歳戊申比肩
2029年 52歳己酉劫財
2030年 53歳庚戌食神

歳運から見た������������さんの2021年の運勢

������������さんにとって2021年はトラブルを生じやすい年です。不名誉な事件を起こしたり、わずらわしい出来事に巻き込まれたりしがちで、仕事面でも苦労や悩みを生じます。
反抗的気運が高まる時で対人面が不安定となる傾向があります。女性の場合は男性とのトラブルに注意が必要で、特に既婚女性は夫との関係に変化やトラブルを生じやすくなります。

低迷運
  • 思わぬ災厄に巻き込まれたり、ライバルに先を越されたりと、思うようにならない年。
  • 家庭内でもトラブルを生じやすいでしょう。

歳運から見た������������さんの翌年(2022年)の������������さんの運勢

������������さんにとって2022年は金銭の出入りが激しい年で、収入が合っても即支出に結びつくというように、右から左へとお金が出ていく傾向があります。また、金銭に関する問題が生じやすいときでもあります。特に命式が「身弱」の人は健康にも注意が必要なときとなります。
また、男性は女性問題を起こしやすい傾向がありますので、既婚男性は特に注意が必要でしょう。

不調運
  • 収入があっても、散財が多い年。
  • 途中まで順調にいっていたことも、最後の詰めで苦労することがあり、期待通りとならない傾向あり