四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「食神」の場合

衣食住に不自由せず、親戚や身内からも助けられる暗示を持ちます。金運にも恵まれるのですが、浪費癖がつく人もおり、その点は注意が必要です。
遊びの星でもある「食神星」は楽しむことが好きなタイプが多く見られ、趣味や遊び、仕事に関してさえも楽しみながらやる楽天性を持っています。また、自分の好きなことに関しては、たぐいまれな集中力を発揮して成し遂げるタイプですが、人から急がされたりすることを嫌います。

元命が「比肩」の場合

元命に「比肩」がある人は、意志が強く自立心、独立心が旺盛なタイプです。
また、人からの命令や指図を嫌い、自分の意志を頑固に通そうとします。加えてプライドが高いために、下積みの苦労は人一倍大きいようです。
とりわけ仕事の面では苦労が大きい傾向があります。
しかし、どのような苦労があっても、その苦労を乗り越え、協調精神を養えばリーダーとして活躍できる力を持っています。

月柱の天干通変星が「食神」、元命が「比肩」の組合せの場合

のんびりタイプですが、強い意志を持っており、自分の信念はしっかりと貫き通すところがあります。「食神」の福分が厚いタイプで、苦労しなくても食録が得られるという暗示があります。特に女性にとっては福分が厚く、困ったときには助けられるという福徳をもちます。しかし、月柱以外に「比肩」が多いと、逆に苦労が多くなる傾向があり、また、「食神」が多い場合も不安定となりがちです。
この組合せのタイプは、ロマンチストであり、 現実主義者でもあると言う二面性を持っています。自分のやりたい事であれば、それに向かって全力を尽くすタイプです。また、実務能力に優れた面を持っているため、サラリーマンであれば、努力次第でかなりの地位が得られます。年柱に「比肩」「劫財」がある場合は、親の事業は継承できず、仮に次いだとしても失敗する恐れがあります。

性格面
自我が強く、強烈な個性を発揮するワンマンタイプです。自己顕示欲が強く、強引さがネックとなることがありますので、注意が必要でしょう。女性にとっては強すぎる組合せなので、結婚面に障害が出やすくなります。

仕事面
自我が強くなりすぎる傾向がありますが、努力家で有り、発展気運に恵まれます。強引にトップにのし上がるタイプで、どのような仕事でもがんばれるファイトがありますが、どちらかと言えば、自由業に向いています。

金銭面
収入があっても、支出も多く、太っ腹に浪費する傾向が見られます。一攫千金を狙った投機は避けた方が無難です。

十二運星でみる������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「絶」の場合の初年期の運勢

親との縁が薄い暗示があり、早くから自立する傾向があります。また、健康に恵まれにくい暗示を持ちます。
子供時代には怪我をしやすい傾向があり注意が必要です。また、親とシーソーのような関係となる運気のため、親が発展していれば、自分自身が健康に恵まれずに病弱となったり、反対に、本人が健康で発展していけば、親の運気が低迷したり、片親との生き別れや死別を味わったりする傾向があります。

月柱の十二運星が「建禄」の場合の中年期の運勢

自分お力を思う存分発揮でき、活躍が期待出来る中年期で、生活も安定する暗示を持っています。生家を離れて、独力で成功を勝ち取る人もいます。

日柱の十二運星が「衰」の場合の性格や運勢傾向とは

控えめで温順なタイプです。まじめで慎重派なのですが、株や投機をすると損がおおきくなります。親との縁が薄い傾向があります。

������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「比肩」の場合の恋愛傾向

情熱的なタイプですが、熱しやすく冷めやすいところがあり、婚期は遅れがちです。また、他柱に「比肩」や「劫財」があると、恋愛や結婚面に波乱が多く、三角関係に悩む暗示も出てきます。

そして男性であるあなたの場合、月柱の天干通変星に「比肩」「劫財」があると、結婚後はワンマンで亭主関白となりがちです。家庭内でのトラブルも多く、特に早婚だと離婚の可能性も出てきます。
また、月柱の天干通変星に「偏財」がある場合も同様の傾向となり、そうでなければ、妻が病弱だったりして苦労する傾向があります。

日柱の地支通変星が「偏印」の場合の配偶者のタイプ

先天的な配偶者運はあまり良いとは言えず、結婚生活は波乱含みの傾向があります。特に命式が「身旺」の場合は、結婚生活が不安定となりがちです。また、命式中の元命が「食神」の場合は、配偶者に剋害こくがいされる傾向が強く、男女とも結婚後は苦労が多くなりがちです。あなたの配偶者は自分に似た気質を持っており、何を考えているか分からないような相手に縁があり、ユニークな個性はや才能豊かなタイプが多いようです。また、エキゾチックな雰囲気を持っている相手に惹かれることもあります。

そして男性であるあなたは、あなたが惹かれる相手やあなたの配偶者のタイプは、芸術的才能が豊かな相手や、地味であってもセンスの良さを感じさせるタイプが多く、頭の回転が早い人が多いようです。あなたに尽くしてくれる相手であっても、どこか異質な物を感じる事が多く、特に命式が「身旺」の場合は、よほど相手に対して思いやりの気持ちを持たなければ、別離の道へと進むことが多くなりそうです。

������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:2日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1975年
0-1歳
壬申 食神 建禄 魁ごう・月徳貴人・血刃・駅馬 冲(年)、刑(年)
~1985年
2-11歳
癸酉 傷官 帝旺 魁ごう・羊刃・天徳貴人 害(日)、方合(月-日)
~1995年
12-21歳
甲戌 偏財 魁ごう・紅艶・金輿禄 半会(年)
~2005年
22-31歳
乙亥 正財 魁ごう・天厨貴人・文昌貴人・大極貴人・劫殺 支合(年)、破(年)、干合(年)、害(月)、干合(日)
~2015年
32-41歳
丙子 偏官 魁ごう・因獄・隔角・血刃 半会(月)
~2025年
42-51歳
丁丑 正官 魁ごう・天乙貴人・月徳合貴人 干合(月)、刑(日)
~2035年
52-61歳
戊寅 偏印 魁ごう・大極貴人・天徳合貴人 刑(月)、半会(日)
~2045年
62-71歳
己卯 印綬 魁ごう・飛刃・咸池 支合(日)
~2055年
72-81歳
庚辰 比肩 魁ごう・華蓋 半会(月)、冲(日)
~2065年
82-91歳
辛巳 劫財 長生 魁ごう・暗禄・亡神 刑(年)、支合(月)、刑(月)、破(月)
~2075年
92-101歳
壬午 食神 沐浴 魁ごう・福星貴人・月徳貴人・隔角 半会(年)、半会(日)、三合(年-日)
~2085年
102-111歳
癸未 傷官 冠帯 魁ごう・天乙貴人・天徳貴人 刑(日)、破(日)

������������さんの元命は「比肩星(吉凶無しの星)」で命式は「身旺」です。

比肩星が凶を発揮する条件
  • 「比肩」が3つ以上ある場合。「正官」や「偏官」がある場合、その凶意はかなり抑えられます。
比肩星が吉を発揮する条件
  • 命式が「身弱」の場合

大運十二運星で見る2016年 ~ 2025年(42~51歳)までの運勢は

固着した状態となり、動きのない時期です。命式中の元命に対する通変星の良し悪しで吉凶が色々と変化しますが、能力や才能が埋もれてしまいがちなときでもあります。金銭が蔵されることからケチとなる傾向もあります。命式が「身弱」の人は、運気が弱くなりますので、元命にとって凶星が巡っている場合は何かと苦労が多く、精神面での負担が大きくなります。吉凶であっても、特に後五年は気をつけなければなりません。逆に「身旺」の人は、元命にとって吉星が巡って来ていれば、引っ込み思案となる必要はありません。無理は禁物ですが、積極的な行動が必要です。

������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 47歳辛丑劫財
2022年 48歳壬寅食神
2023年 49歳癸卯傷官
2024年 50歳甲辰偏財
2025年 51歳乙巳正財長生
2026年 52歳丙午偏官沐浴
2027年 53歳丁未正官冠帯
2028年 54歳戊申偏印建禄
2029年 55歳己酉印綬帝旺
2030年 56歳庚戌比肩

歳運から見た������������さんの2021年の運勢

������������さんにとって2021年は全般的に金銭面での損失が多い年となります。対人面でのトラブルなども起きやすく、不安定となりやすい時期です。特に命式が「身旺」の人に取っては注意したい年となります。
既婚男性は、家庭内でのトラブルには注意が必要で、配偶者との関係が不安定となりがちです。

注意運
  • 自己主張が強まり、トラブルを生じやすい年。
  • 金銭面でも予想外の出費が多くなる傾向がある。
  • 夫婦間の揉め事に注意が必要。
  • 命式が「身旺」の人は特に注意が必要。

歳運から見た������������さんの翌年(2022年)の������������さんの運勢

������������さんにとって2022年は比較的安泰な年で、のんびりムードが漂います。遊び心が芽生えるときで、楽しいことが多くなるときともなります。また、思わぬ幸運に恵まれることがあります。

順調運
  • 引き立て運、金運に恵まれる年。
  • 人から頼られることが多い。
  • 物心両面に満足が得られる。