四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる���������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「偏官」の場合

親の助力を得られにくい傾向があり、自力で道を切り開いて行かなければならない暗示を持っています。また、兄弟にも縁が薄い傾向があります。
親分肌で面倒見のよいタイプですので、対人面は比較的スムースですが、偏屈で頑固な面があるため、いったん嫌いになった相手には心を開くことはありません。素早い行動力があり、目的に向かうと強引に突き進んでいく攻撃性を持っています。しかし、その攻撃性ゆえに人から非難されたり、トラブルに巻き込まれたりすることもあるようです。
特に女性は、異性運に恵まれない暗示を持っています。

元命が「劫財」の場合

意志が強く、自我も相当に強いタイプが多いのですが、生一本で頑固な面が目立つ「比肩」とは違い、ソフトな印象を与えるため自我の強さを感じさせません。
相手によって対応を変化させる巧みさがあり、相手が弱いと見れば自己の主張を強引に押し通し、逆に強いと見れば上手に引き下がる駆け引き上手です。
交渉上手で外交手腕に優れていますが、内面は決して人の言う事を聞かず、自分の思うように人を動かしていきます。外面がよいわりには内面が悪く、社会での評価が高ければ高いほど家庭内での評価が低い傾向があり、特に男性にその傾向が見られます。また、女性も外向的で家庭に収まるタイプではありません。

月柱の天干通変星が「偏官」、元命が「劫財」の組合せの場合

内弁慶なタイプが多く、外面はよい方ですが、内面が悪く、言いだしたら聞かない頑固者です。人生に浮き沈みや波が大きい傾向があり、特に女性は結婚生活が不安定となる暗示があります。
この組合せのタイプは、組織内では苦労が多い傾向があります。じっくりと腰を据えて技術を習得し、個人で出来る仕事を選ぶ方が発展します。

性格面
ソフトで柔和にゅうわな印象がありますが、自我が強く、妥協性に乏しい面を持っています。物事をクールに割り切るタイプですが、不安定な運気を持ち職業や金銭面に不安がつきまといます。命式中に「正官」か「偏官」がないとその傾向が強まり、何かとトラブルが生じがちです。

仕事面
天職、転業が多くなりやすく、ひとつのことに専心努力しなければなかなか思うような展開とはなりません。また、本業以外のものに手出しをすると失敗の憂き目を見ます。

金銭面
金銭トラブルに要注意で個人同士の金銭賃借、カードローンなどの使用は、自分の首を絞める危険性がありますので避けましょう。

十二運星でみる���������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「死」の場合の初年期の運勢

親との縁が薄い傾向があり、生き別れや死別する暗示を持っています。反対に親にいつくしまれて育つと本人自身が病弱となる傾向があります。
子供時代は素直な子供ですので、人からは好かれますが、やや八方美人的な所がみられ、要領のよい子供という印象を持たれるでしょう。

月柱の十二運星が「胎」の場合の中年期の運勢

大きな変転や変動の暗示がある中年期となり、運勢が急変することがあります。日柱の十二運星が「冠帯」「建録」「帝旺」のどれかであれば、大きく運をつかんで発展する暗示がありますが、それ以外であれば、持続性が少なく、特に仕事面が不安定となりがちです。

日柱の十二運星が「冠帯」の場合の性格や運勢傾向とは

頑固な性格です。我が強く、自己本位なところがあり、ワンマンなタイプです。住所の変転が多く、家庭運が不安定となりがちです。女性は良縁に恵まれない傾向があります。

���������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「劫財」の場合の恋愛傾向

恋愛面においてはいったん火が付くと情熱的で激情的、自分の感情だけで突っ走るタイプです。周りが見えなくなる恋愛や、危険な恋愛をしやすい傾向があり、特に女性は冷静に相手を判断しないと後悔することが多くなります。男女ともに月柱の天干通変星に「傷官」がある場合は色情トラブルを起こさないよう十分な注意が必要でしょう。

そして男性であるあなたの場合、月柱の天干通変星が「偏財」「正財」の場合、女性のことで悩みが多くなる傾向があります。特に、「偏財」とともにあると、女性とのトラブルを生じやすく、注意が必要です。
また、月柱の天干通変星が「偏印」の場合も女性問題を生じやすいので注意が必要です。

日柱の地支通変星が「偏印」の場合の配偶者のタイプ

先天的な配偶者運はあまり良いとは言えず、結婚生活は波乱含みの傾向があります。特に命式が「身旺」の場合は、結婚生活が不安定となりがちです。また、命式中の元命が「食神」の場合は、配偶者に剋害こくがいされる傾向が強く、男女とも結婚後は苦労が多くなりがちです。あなたの配偶者は自分に似た気質を持っており、何を考えているか分からないような相手に縁があり、ユニークな個性はや才能豊かなタイプが多いようです。また、エキゾチックな雰囲気を持っている相手に惹かれることもあります。

そして男性であるあなたは、あなたが惹かれる相手やあなたの配偶者のタイプは、芸術的才能が豊かな相手や、地味であってもセンスの良さを感じさせるタイプが多く、頭の回転が早い人が多いようです。あなたに尽くしてくれる相手であっても、どこか異質な物を感じる事が多く、特に命式が「身旺」の場合は、よほど相手に対して思いやりの気持ちを持たなければ、別離の道へと進むことが多くなりそうです。

���������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:23日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1982年
0-8歳
乙亥 偏官 天徳貴人・劫殺 支合(年)、破(年)、干合(年)、刑(月)、半会(日)
~1992年
9-18歳
丙子 印綬 天乙貴人・因獄・咸池 害(日)
~2002年
19-28歳
丁丑 偏印 飛刃 冲(日)、刑(日)
~2012年
29-38歳
戊寅 劫財 亡神 支合(月)、破(月)
~2022年
39-48歳
己卯 比肩 月徳合貴人・咸池・血刃 半会(月)、半会(日)、三合(月-日)
~2032年
49-58歳
庚辰 傷官 紅艶・天徳合貴人 干合(月)
~2042年
59-68歳
辛巳 食神 帝旺 亡神・駅馬 刑(年)
~2052年
69-78歳
壬午 正財 建禄 隔角 半会(年)、支合(日)
~2062年
79-88歳
癸未 偏財 冠帯 羊刃・暗禄・福星貴人・華蓋 半会(月)
~2072年
89-98歳
甲申 正官 沐浴 金輿禄・天乙貴人・月徳貴人・血刃・駅馬・劫殺 冲(年)、刑(年)、害(月)、干合(月)
~2082年
99-108歳
乙酉 偏官 長生 天厨貴人・文昌貴人・天徳貴人・隔角・因獄 干合(年)
~2092年
109-118歳
丙戌 印綬 半会(年)、刑(日)、破(日)

���������������さんの元命は「劫財星(凶星)」で命式は「身旺」です。

劫財星が凶を発揮しない条件
  • 「干合」する場合
  • 「食神」「正官」がある場合
劫財星が凶を発揮する条件
  • 「偏印」「印綬」がある場合。特に「偏印」は悪い
  • 「比肩」「劫財」がある場合。
    

大運十二運星で見る2013年 ~ 2022年(39~48歳)までの運勢は

物事が滞りがちとなるときです。命式が「身弱」の人はこれ以降、「比肩」「劫財」や「偏印」「印綬」の助けを必要とすることになります。命式が「身旺」であれば命式中の元命にとって吉星が巡ってくれば、前五年は比較的安泰ですが、後五年は無茶は禁物です。「身弱」の場合は「比肩」「劫財」や「偏印」「印綬」が巡っていれば、前五年は比較的良好ですが、後五年は、仮に「比肩」「劫財」や「偏印」「印綬」があったとしても、元命にとってそれが凶星であれば障害やトラブルが生じやすくなりますので、慎重に行動しましょう。

���������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 46歳辛丑食神
2022年 47歳壬寅正財
2023年 48歳癸卯偏財
2024年 49歳甲辰正官
2025年 50歳乙巳偏官帝旺
2026年 51歳丙午印綬建禄
2027年 52歳丁未偏印冠帯
2028年 53歳戊申劫財沐浴
2029年 54歳己酉比肩長生
2030年 55歳庚戌傷官

歳運から見た���������������さんの2021年の運勢

���������������さんにとって2021年は比較的安泰な年で、のんびりムードが漂います。遊び心が芽生えるときで、楽しいことが多くなるときともなります。また、思わぬ幸運に恵まれることがあります。

好調運
  • 予想外のことで発展する傾向あり。
  • 思わぬ収入があったりして、比較的良好な年。

歳運から見た���������������さんの翌年(2022年)の���������������さんの運勢

���������������さんにとって2022年は全般的に安泰となる年です。自己能力を自分に発揮することができ、努力しがいのある年となります。男性は異性に恵まれる年です。独身者は配偶者に巡り会う時ともなります。金銭面においても安泰で、潤います。ただし、働き過ぎて、健康を害することがあり、特に命式が「身弱」の人はその傾向になりやすいので、その点には注意が必要でしょう。

不調運
  • 収入が合っても、それが難に結びつくことがあり、うまい話には要注意の年。
  • 家庭面でのトラブルにも注意。