四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2019年)と来年(2020年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時:時 
性別: 
名前:
※名無しても占えます。

各柱の通変星でみるこうぶんこうぞうさんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「正官」の場合

長男・長女か、事業家の相とされています。女性は良縁を得られる暗示を持っています。
人一倍努力家で、強力な上昇志向の持ち主です。実力、素質ともに恵まれており、リーダーとして活動出来る力量を備えています。人の心をつかむことが巧みで、善にも悪にも強いタイプが多く、統率力は抜群です。さらに実行力にも優れているため、かなりの成功運に恵まれる暗示があります。

元命が「劫財」の場合

意志が強く、自我も相当に強いタイプが多いのですが、生一本で頑固な面が目立つ「比肩」とは違い、ソフトな印象を与えるため自我の強さを感じさせません。
相手によって対応を変化させる巧みさがあり、相手が弱いと見れば自己の主張を強引に押し通し、逆に強いと見れば上手に引き下がる駆け引き上手です。
交渉上手で外交手腕に優れていますが、内面は決して人の言う事を聞かず、自分の思うように人を動かしていきます。外面がよいわりには内面が悪く、社会での評価が高ければ高いほど家庭内での評価が低い傾向があり、特に男性にその傾向が見られます。また、女性も外向的で家庭に収まるタイプではありません。

月柱の天干通変星が「正官」、元命が「劫財」の組合せの場合

誠実で真面目な性格ですので、どのような困難な事態に遭遇しても、最後まで頑張り抜くタイプです。月柱以外に「傷官」がなければ、大きく発展しトップに立つこともあります。
特にこの組合せのタイプは自由業に就くと浮き沈みが激しくなる傾向があります。公務員などの堅い職業を選ぶか、サラリーマンのように組織に属する方が安泰でしょう。

性格面
ソフトで柔和にゅうわな印象がありますが、自我が強く、妥協性に乏しい面を持っています。物事をクールに割り切るタイプですが、不安定な運気を持ち職業や金銭面に不安がつきまといます。命式中に「正官」か「偏官」がないとその傾向が強まり、何かとトラブルが生じがちです。

仕事面
天職、転業が多くなりやすく、ひとつのことに専心努力しなければなかなか思うような展開とはなりません。また、本業以外のものに手出しをすると失敗の憂き目を見ます。

金銭面
金銭トラブルに要注意で個人同士の金銭賃借、カードローンなどの使用は、自分の首を絞める危険性がありますので避けましょう。

十二運星でみるこうぶんこうぞうさんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「絶」の場合の初年期の運勢

親との縁が薄い暗示があり、早くから自立する傾向があります。また、健康に恵まれにくい暗示を持ちます。
子供時代には怪我をしやすい傾向があり注意が必要です。また、親とシーソーのような関係となる運気のため、親が発展していれば、自分自身が健康に恵まれずに病弱となったり、反対に、本人が健康で発展していけば、親の運気が低迷したり、片親との生き別れや死別を味わったりする傾向があります。

月柱の十二運星が「衰」の場合の中年期の運勢

発展性が乏しい中年期となりがちです。運勢的には、極端に落ち込むことは少ないのですが、金銭面での損失が大きい暗示がありますので、注意が必要です。他人の世話や身内の面倒を見るなどの苦労があります。特に保証人を引き受けたり、大きな投資をすることは避けた方が無難です。

日柱の十二運星が「病」の場合の性格や運勢傾向とは

サービス精神旺盛なタイプで、縁の下の力持ち的な運をもちます。取り越し苦労が多く、健康面家庭面とも恵まれない暗示を持ち、結婚は再縁の方が安定する傾向があります。女性は従順な良妻となりますが、報われないことがあるようです。

こうぶんこうぞうさんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「劫財」の場合の恋愛傾向

恋愛面においてはいったん火が付くと情熱的で激情的、自分の感情だけで突っ走るタイプです。周りが見えなくなる恋愛や、危険な恋愛をしやすい傾向があり、特に女性は冷静に相手を判断しないと後悔することが多くなります。男女ともに月柱の天干通変星に「傷官」がある場合は色情トラブルを起こさないよう十分な注意が必要でしょう。

そして男性であるあなたの場合、月柱の天干通変星が「偏財」「正財」の場合、女性のことで悩みが多くなる傾向があります。特に、「偏財」とともにあると、女性とのトラブルを生じやすく、注意が必要です。
また、月柱の天干通変星が「偏印」の場合も女性問題を生じやすいので注意が必要です。

日柱の地支通変星が「偏財」の場合の配偶者のタイプ

自分自身と同じような質をもつ相手や、元命に「偏財」を持つ相手に惹かれたり縁を生じたりします。
あなたの配偶者は愛情豊かで社交家です。スケールの大きいタイプが多く、他方つかみ所のない面を持ち合わせています。しかし、命式中で元命が「偏官」や「印綬」の場合、そんな相手に苦労する暗示を持ちます。

そして男性であるあなたは、愛情豊で世話好きな人情か、もしくは細かいことにこだわらないスケールの大きいタイプに縁があり、またそういう人に惹かれる傾向があります。特に、命式中で元命が「正官」の場合、結婚後は配偶者の援助が期待出来るでしょう。日柱の蔵干に「正財」や「偏財」があると先天的な配偶者運は良いと言えますが、命式中に「正財」や「偏財」が多いとかえって不安定となり、金銭の苦労もしくは女性問題を起こしやすくなります。特に命式が「身弱」の場合は女難の相となり、妻に苦しめられることが多く、また金銭面でも苦労が多い傾向となります。

こうぶんこうぞうさんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

逆行運:14日

                   
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1976年
0-5歳
乙未 正官 金輿禄・大極貴人・天乙貴人・華蓋 半会(年)
~1986年
6-15歳
甲午 偏官 帝旺 羊刃・月徳貴人・天徳貴人・因獄 支合(月)、干合(月)
~1996年
16-25歳
癸巳 正財 建禄 駅馬・劫殺 冲(年)、支合(日)、刑(日)、破(日)、干合(日)
~2006年
26-35歳
壬辰 偏財 冠帯 紅艶・大極貴人 半会(日)
~2016年
36-45歳
辛卯 傷官 沐浴 隔角 半会(年)、半会(月)、三合(年-月)
~2026年
46-55歳
庚寅 食神 長生 亡神・血刃・駅馬 支合(年)、破(年)、干合(月)、冲(日)、刑(日)
~2036年
56-65歳
己丑 劫財 大極貴人・天乙貴人・月徳合貴人・天徳合貴人 刑(月)
~2046年
66-75歳
戊子 比肩 飛刃・咸池・隔角 害(月)、半会(日)
~2056年
76-85歳
丁亥 印綬 血刃・亡神 刑(年)、半会(月)、害(日)
~2066年
86-95歳
丙戌 偏印 大極貴人 干合(年)、刑(月)、破(月)

こうぶんこうぞうさんの元命は「劫財星(凶星)」で命式は「身弱 」です。

劫財星が凶を発揮しない条件
  • 「干合」する場合
  • 「食神」「正官」がある場合
劫財星が凶を発揮する条件
  • 「偏印」「印綬」がある場合。特に「偏印」は悪い
  • 「比肩」「劫財」がある場合。
    

大運十二運星で見る2017年 ~ 2026年(46~55歳)までの運勢は

運気が好転していきますので、何を初めても良い時期です。特に命式が「身旺」の人にとっては、スムースに活動出来るときとなります。また、「身弱」の場合でも、この時に巡ってくる通変星が「比肩」か「劫財」の場合には吉作用が強くなります。ただし、元命にとって凶があれば、吉凶相反する事になります。

こうぶんこうぞうさんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2019年 48歳己亥劫財
2020年 49歳庚子食神
2021年 50歳辛丑傷官
2022年 51歳壬寅偏財長生
2023年 52歳癸卯正財沐浴
2024年 53歳甲辰偏官冠帯
2025年 54歳乙巳正官建禄
2026年 55歳丙午偏印帝旺
2027年 56歳丁未印綬
2028年 57歳戊申比肩

歳運から見たこうぶんこうぞうさんの2019年の運勢

こうぶんこうぞうさんにとって2019年は全般的に金銭面での損失が多い年となります。対人面でのトラブルなども起きやすく、不安定となりやすい時期です。特に命式が「身旺」の人に取っては注意したい年となります。
既婚男性は、家庭内でのトラブルには注意が必要で、配偶者との関係が不安定となりがちです。

低迷運
  • 金銭面での損失が大きい年
  • 夫婦間のトラブルから別離へと発展しやすい

歳運から見たこうぶんこうぞうさんの翌年(2020年)のこうぶんこうぞうさんの運勢

こうぶんこうぞうさんにとって2020年は比較的安泰な年で、のんびりムードが漂います。遊び心が芽生えるときで、楽しいことが多くなるときともなります。また、思わぬ幸運に恵まれることがあります。

好調運
  • 予想外のことで発展する傾向あり。
  • 思わぬ収入があったりして、比較的良好な年。