四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる���������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「偏官」の場合

親の助力を得られにくい傾向があり、自力で道を切り開いて行かなければならない暗示を持っています。また、兄弟にも縁が薄い傾向があります。
親分肌で面倒見のよいタイプですので、対人面は比較的スムースですが、偏屈で頑固な面があるため、いったん嫌いになった相手には心を開くことはありません。素早い行動力があり、目的に向かうと強引に突き進んでいく攻撃性を持っています。しかし、その攻撃性ゆえに人から非難されたり、トラブルに巻き込まれたりすることもあるようです。
特に女性は、異性運に恵まれない暗示を持っています。

元命が「偏印」の場合

元命に「偏印」を持つ人は自由を愛し、束縛を嫌うタイプで、頭の回転が早く、機敏な行動力と臨機応変さを備えています。好奇心旺盛なので新しいことに興味を惹かれると果敢にチャレンジしますが、熱しやすく冷めやすいところがあるため、目的を達成せずに終わることも多いようです。
また、ユニークな才能にも恵まれ、芸術面、技術面、学術面に優れたものを持っているため、移り気な面も慎みひとつのことに粘り強く努力する姿勢を貫けば、素晴らしい成果を得られるでしょう。
身旺の場合はさらに吉となり、「干合」されると凶星である偏印は吉星のような働きとなり、命式全体が良化されます。

月柱の天干通変星が「偏官」、元命が「偏印」の組合せの場合

短気でぶっきらぼうなタイプが多く、世渡りは決して上手とは言えません。また、何か辛いことにぶつかるとあっさり投げ出してしまうところがあります。運勢的にも浮き沈みが激しい傾向があり、環境や職業の変化などの暗示が強いタイプだけに、確固たる信念を持つことが大切です。また、女性の場合には、男性との交際をあやまると、その後の人生が変転しますので、男性との交際には十分に注意が必要です。
特にこの組合せのタイプは、処世術しょせいじゅつに長けておらず、転職を繰り返す危険性があります。腕一本で稼げる職業や、芸術関係などの自由業であれば適正を生かして力を発揮できるでしょう。

性格面
個性豊かなタイプが多くなります。親切で人の面倒見は良いのですが、好き嫌いが激しく、人望が得られないうらみがあります。また、片親との縁が薄い傾向があり、女性は子供との縁が薄い暗示があります。

仕事面
指導者的立場に付く人が多いのですが、不名誉な事件に巻き込まれたり、足を引っ張られたりする事がありますので、注意しましょう。

金銭面
大きく入って大きく出ていくという具合に、波が大きい傾向があります。一発勝負の投機などは、リスクが大きいので慎重さが必要です。

十二運星でみる���������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「衰」の場合の初年期の運勢

家庭的には衰運の家に生まれることが多いようです。安泰で平凡な初年期となります。子供時代は引っ込み思案なところがあり、非常に穏やかな子供です。それだけに、何に対しても消極的で、消極性に欠けるため発展性に乏しいところがあります。

月柱の十二運星が「衰」の場合の中年期の運勢

発展性が乏しい中年期となりがちです。運勢的には、極端に落ち込むことは少ないのですが、金銭面での損失が大きい暗示がありますので、注意が必要です。他人の世話や身内の面倒を見るなどの苦労があります。特に保証人を引き受けたり、大きな投資をすることは避けた方が無難です。

日柱の十二運星が「養」の場合の性格や運勢傾向とは

落ち着きがあり、ソフトなムードをもっています。交際上手ですが色情面で失敗をしやすい傾向があります。特に男性は浮気性なところがあり、結婚後にトラブルを生じないよう注意が必要でしょう。

���������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「偏印」の場合の恋愛傾向

ムラッ気があり、熱しやすく冷めやすい特徴を持っており、激しい恋も冷めるのが早く、恋愛に関しては不安定な傾向があります。移り気となり、その場限りの恋愛を繰り返さないよう気をつける必要があるでしょう。特に月柱の天干通変星が「劫財」の人は縁談に支障を生じる暗示があり、交際中のトラブルに注意してください。

そして男性であるあなたの場合、特に月柱の天干通変星が「偏財」の場合は、異性問題を起こしやすく、結婚後は浮気心を慎む必要があるでしょう。

日柱の地支通変星が「偏印」の場合の配偶者のタイプ

先天的な配偶者運はあまり良いとは言えず、結婚生活は波乱含みの傾向があります。特に命式が「身旺」の場合は、結婚生活が不安定となりがちです。また、命式中の元命が「食神」の場合は、配偶者に剋害こくがいされる傾向が強く、男女とも結婚後は苦労が多くなりがちです。あなたの配偶者は自分に似た気質を持っており、何を考えているか分からないような相手に縁があり、ユニークな個性はや才能豊かなタイプが多いようです。また、エキゾチックな雰囲気を持っている相手に惹かれることもあります。

そして男性であるあなたは、あなたが惹かれる相手やあなたの配偶者のタイプは、芸術的才能が豊かな相手や、地味であってもセンスの良さを感じさせるタイプが多く、頭の回転が早い人が多いようです。あなたに尽くしてくれる相手であっても、どこか異質な物を感じる事が多く、特に命式が「身旺」の場合は、よほど相手に対して思いやりの気持ちを持たなければ、別離の道へと進むことが多くなりそうです。

���������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:12日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1980年
0-10歳
丙戌 偏官 魁ごう・紅艶・金輿禄・華蓋・月徳貴人・天徳貴人 冲(日)
~1990年
11-20歳
丁亥 正官 魁ごう・天厨貴人・文昌貴人・大極貴人・劫殺・亡神
~2000年
21-30歳
戊子 偏印 魁ごう・隔角・血刃・因獄 半会(日)
~2010年
31-40歳
己丑 印綬 魁ごう・天乙貴人 刑(年)、刑(月)、破(日)
~2020年
41-50歳
庚寅 比肩 魁ごう・大極貴人・駅馬 半会(年)、半会(月)
~2030年
51-60歳
辛卯 劫財 魁ごう・飛刃・月徳合貴人・天徳合貴人・咸池 支合(年)、支合(月)、干合(月)、害(日)
~2040年
61-70歳
壬辰 食神 魁ごう 冲(年)、刑(日)
~2050年
71-80歳
癸巳 傷官 長生 魁ごう・暗禄・亡神・劫殺
~2060年
81-90歳
甲午 偏財 沐浴 魁ごう・福星貴人・隔角・血刃・因獄 半会(年)、半会(月)
~2070年
91-100歳
乙未 正財 冠帯 魁ごう・天乙貴人 刑(年)、破(年)、干合(年)、刑(月)、破(月)、干合(日)
~2080年
101-110歳
丙申 偏官 建禄 魁ごう・月徳貴人・天徳貴人・駅馬 半会(日)
~2090年
111-120歳
丁酉 正官 帝旺 魁ごう・羊刃・咸池 害(年)、害(月)、支合(日)

���������さんの元命は「偏印星(凶星)」で命式は「身旺」です。

偏印星が凶を発揮しない条件
  • 「干合」する場合
  • 「偏財」がある場合
偏印星が凶を発揮する条件
  • 「食神」が巡るとき
  • 「偏官」「正官」がある場合
  • 「偏印」が3つ以上ある場合

大運十二運星で見る2021年 ~ 2030年(51~60歳)までの運勢は

心機一転する時期で、心境を変えるには良いとき。しかし、新しいことを始めるに際しては、運気はまだつぼみの状態ですので、無理に勧めてもたいした成果は得られません。土台作りの時と心得て、苦労を実にするよう努力することが大切です。命式中の元命にとって吉作用を及ぼす通変星が巡っていれば、努力すればするだけ後の実りが期待出来ます。また、命式が「身弱」の場合は、守勢に回る方が安全で、元命にとって吉の作用を及ぼす通変星であっても、用心深く進むことが大切です。逆に元命にとって凶作用を及ぼす通変星が巡っている場合は、この時期は大いに力を養うことが出来るはずです。

���������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 51歳辛丑劫財
2022年 52歳壬寅食神
2023年 53歳癸卯傷官
2024年 54歳甲辰偏財
2025年 55歳乙巳正財長生
2026年 56歳丙午偏官沐浴
2027年 57歳丁未正官冠帯
2028年 58歳戊申偏印建禄
2029年 59歳己酉印綬帝旺
2030年 60歳庚戌比肩

歳運から見た���������さんの2021年の運勢

���������さんにとって2021年は全般的に金銭面での損失が多い年となります。対人面でのトラブルなども起きやすく、不安定となりやすい時期です。特に命式が「身旺」の人に取っては注意したい年となります。
既婚男性は、家庭内でのトラブルには注意が必要で、配偶者との関係が不安定となりがちです。

不調運
  • 気苦労が多く、希望通りの結果が得られにくい年。
  • 人の為に損失を被るようなこともあり、特に金銭面での損失には要注意。
  • 新規計画などは見合わせた方が無難

歳運から見た���������さんの翌年(2022年)の���������さんの運勢

���������さんにとって2022年は比較的安泰な年で、のんびりムードが漂います。遊び心が芽生えるときで、楽しいことが多くなるときともなります。また、思わぬ幸運に恵まれることがあります。

低迷運
  • 運気が低迷し、苦労や悩みが多く、不安定な状態。
  • 健康運にも要注意の年で、消化器官系は特に注意。
  • 金銭面でも損失が多い年となるため、投資などは控えた方が無難