四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「印綬」の場合

空亡、冲、刑されていなければ、格式ある家柄に生まれることが多くなります。
学術の星でもある「印受精」は知性、完成共に優れている人が多く、才能豊かなタイプが多く見られます。人気運があり、リーダーとしての素質にも恵まれているのですが、自信過剰な面と好き嫌いの激しさから、対人面が不安定となる傾向があります。何事も思い通りにしようとすると足下をすくわれることがあるため注意が必要です。

元命が「傷官」の場合

頭がよく、先見の明があり、美的センス、芸術的センスに優れている人が多く見られますが、プライドが高く、高慢な態度から誤解を受けやすく、言葉にもトゲがあることから、無意識に相手を傷つけてしまい、対人面に支障をきたす傾向があります。
反抗精神が旺盛で、頭を押さえつける相手に対しては反発する一方、自分を慕ってくる人や弱者に対しては非常に親切で面倒見がよいのが特徴です。
しかし、少々恩着せがましいところがあるせいか、一生懸命相手に尽くす割にはあまり感謝されず、報われないことが多いようです。

月柱の天干通変星が「印綬」、元命が「傷官」の組合せの場合

わがままで自己中心的な面がありますが、人を引きつける魅力のあるタイプで、人気運を持っています。繊細な面があり、ロマンチックな夢想家のため、現実はなかなか思うようにならない傾向があります。
この組合せのタイプは、組織に属するより、技術や芸術関連などに適正があります。また、金銭の貸し借りなどはたとえ身内であってもトラブルのもとなので要注意です。

性格面
プライドが高く高慢なところがあり、対人面では思わぬ誤解を生じやすいことがあります。権力志向が強くうまくいけば上昇気流に乗りますが、神経質で物事を突きつめて考えるところがありますので、下手をするとノイローゼなどにかかるようなことがあり用心すべきです。

仕事面
トップに立とうとする意欲がありますので、プライドを満たせる職業に就けば発達する気運となりますが、命式中に「正官」があると、不本意な結果となりがちです。

金銭面
金運には余り恵まれるほうではありませんが、職業の選択によっては豊かな財が得られるタイプです。

十二運星でみる������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「帝旺」の場合の初年期の運勢

発展した祖先やよい家柄、もしくは富裕な家に生まれる人が多く、祖先や親の恩恵が厚い生まれです。先天的な独立独歩で人生を切り開かねばならない運命を持っています。特に金銭的に恵まれにない家庭環境に育つとその傾向が強くなります。
子供時代は、活発なタイプと、見るからに弱々しいひ弱なタイプに分かれます。

月柱の十二運星が「衰」の場合の中年期の運勢

発展性が乏しい中年期となりがちです。運勢的には、極端に落ち込むことは少ないのですが、金銭面での損失が大きい暗示がありますので、注意が必要です。他人の世話や身内の面倒を見るなどの苦労があります。特に保証人を引き受けたり、大きな投資をすることは避けた方が無難です。

日柱の十二運星が「病」の場合の性格や運勢傾向とは

サービス精神旺盛なタイプで、縁の下の力持ち的な運をもちます。取り越し苦労が多く、健康面家庭面とも恵まれない暗示を持ち、結婚は再縁の方が安定する傾向があります。女性は従順な良妻となりますが、報われないことがあるようです。

������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「傷官」の場合の恋愛傾向

一時の感情や情熱で恋愛にのめり込む危険性があるタイプで、恋愛面は刹那的になりがちです。男女とも異性運にはあまり恵まれている方ではなく、人によっては不倫など道ならぬ恋に走ったり、スキャンダルを起こしたりとトラブルを生じがちです。特に月柱の天干通変星が「偏印」の場合、縁談は一度でまとまらずにごたごたしがちです。
全般的に、結婚後も不安定な運気を持ち、配偶者のために苦労が絶えない暗示をもっています。特に女性の方に凶意が強く、多くは結婚後に苦労する傾向があります。なお、早婚より晩婚の方が結婚生活は安定するでしょう。

そして男性であるあなたの場合、月柱の天干通変星が「劫財」の場合は異性とのトラブルが多く、苦労する暗示をもちます。

日柱の地支通変星が「偏財」の場合の配偶者のタイプ

自分自身と同じような質をもつ相手や、元命に「偏財」を持つ相手に惹かれたり縁を生じたりします。
あなたの配偶者は愛情豊かで社交家です。スケールの大きいタイプが多く、他方つかみ所のない面を持ち合わせています。しかし、命式中で元命が「偏官」や「印綬」の場合、そんな相手に苦労する暗示を持ちます。

そして男性であるあなたは、愛情豊で世話好きな人情か、もしくは細かいことにこだわらないスケールの大きいタイプに縁があり、またそういう人に惹かれる傾向があります。特に、命式中で元命が「正官」の場合、結婚後は配偶者の援助が期待出来るでしょう。日柱の蔵干に「正財」や「偏財」があると先天的な配偶者運は良いと言えますが、命式中に「正財」や「偏財」が多いとかえって不安定となり、金銭の苦労もしくは女性問題を起こしやすくなります。特に命式が「身弱」の場合は女難の相となり、妻に苦しめられることが多く、また金銭面でも苦労が多い傾向となります。

������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:3日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1976年
0-10歳
乙未 印綬 金輿禄・華蓋 支合(年)
~1986年
11-20歳
丙申 比肩 暗禄・文昌貴人・駅馬
~1996年
21-30歳
丁酉 劫財 大極貴人・天乙貴人・隔角・咸池
~2006年
31-40歳
戊戌 食神 福星貴人 半会(年)、刑(月)、破(月)
~2016年
41-50歳
己亥 傷官 天乙貴人・月徳合貴人・天徳合貴人・劫殺・亡神 半会(月)、害(日)
~2026年
51-60歳
庚子 偏財 飛刃・福星貴人・因獄・隔角 冲(年)、害(月)、干合(月)、半会(日)
~2036年
61-70歳
辛丑 正財 害(年)、干合(年)、刑(月)、干合(日)
~2046年
71-80歳
壬寅 偏官 長生 紅艶・血刃・駅馬 半会(年)、冲(日)、刑(日)
~2056年
81-90歳
癸卯 正官 沐浴 大極貴人・咸池 破(年)、半会(月)
~2066年
91-100歳
甲辰 偏印 冠帯 月徳貴人・天徳貴人・血刃 干合(月)、半会(日)
~2076年
101-110歳
乙巳 印綬 建禄 天厨貴人・亡神・劫殺 支合(日)、刑(日)、破(日)、方合(年-月)
~2086年
111-120歳
丙午 比肩 帝旺 羊刃・因獄 刑(年)、支合(月)

������������さんの元命は「傷官星(凶星)」で命式は「身旺」です。

傷官星が凶を発揮しない条件
  • 命式が「身旺」で「偏財」「正財」があるか、「身弱」で「印綬」がある場合
  • 干合する場合
傷官星が凶を発揮する条件
  • 「正官」が巡るとき
  • 「比肩」「劫財」がある場合

大運十二運星で見る2017年 ~ 2026年(51~60歳)までの運勢は

心機一転する時期で、心境を変えるには良いとき。しかし、新しいことを始めるに際しては、運気はまだつぼみの状態ですので、無理に勧めてもたいした成果は得られません。土台作りの時と心得て、苦労を実にするよう努力することが大切です。命式中の元命にとって吉作用を及ぼす通変星が巡っていれば、努力すればするだけ後の実りが期待出来ます。また、命式が「身弱」の場合は、守勢に回る方が安全で、元命にとって吉の作用を及ぼす通変星であっても、用心深く進むことが大切です。逆に元命にとって凶作用を及ぼす通変星が巡っている場合は、この時期は大いに力を養うことが出来るはずです。

������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 55歳辛丑正財
2022年 56歳壬寅偏官長生
2023年 57歳癸卯正官沐浴
2024年 58歳甲辰偏印冠帯
2025年 59歳乙巳印綬建禄
2026年 60歳丙午比肩帝旺
2027年 61歳丁未劫財
2028年 62歳戊申食神
2029年 63歳己酉傷官
2030年 64歳庚戌偏財

歳運から見た������������さんの2021年の運勢

������������さんにとって2021年は全般的に安泰となる年です。自己能力を自分に発揮することができ、努力しがいのある年となります。男性は異性に恵まれる年です。独身者は配偶者に巡り会う時ともなります。金銭面においても安泰で、潤います。ただし、働き過ぎて、健康を害することがあり、特に命式が「身弱」の人はその傾向になりやすいので、その点には注意が必要でしょう。

好調運
  • 金運に恵まれ、目上の援助が期待出来る年。
  • 命式が「身弱」の人は健康面には注意したい

歳運から見た������������さんの翌年(2022年)の������������さんの運勢

������������さんにとって2022年はトラブルが起きやすい年で不安定な運気となります。対人面では特に喧嘩や口論などに注意が必要でしょう。
また、体調にも注意が必要で過労からの疾病には気をつける必要があります。
女性の場合は、男性との縁を生じやすい年です。また、不倫に陥りやすい年ともなりますので、注意が必要でしょう。

慎重運
  • わずらわしいことが起きやすい年で、思わぬアクシデントに注意が必要。
  • 何に対しても慎重な対応が必要となる。