四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「偏印」の場合

兄弟との縁が薄く、疎遠となる傾向があります。命式中に他にも「偏印星」がある場合は親との縁も薄く家庭環境は不安定となりがちです。また、女性は結婚運が不安定となる暗示を持っています。
ユニークな才能に恵まれている人が多く、芸術関係などに特異な才能を発揮する人が多く見られます。対人面に関しては、来る物は拒まずのタイプですが、気の合う友人としか交際しない傾向があります。また、自分の興味を惹かれることに関しては夢中になって取り組みますが、熱が冷めると途端に無関心になってしまう傾向が見られます。そのため、人生に浮き沈みが多くなる暗示を持つことになります。

元命が「偏印」の場合

元命に「偏印」を持つ人は自由を愛し、束縛を嫌うタイプで、頭の回転が早く、機敏な行動力と臨機応変さを備えています。好奇心旺盛なので新しいことに興味を惹かれると果敢にチャレンジしますが、熱しやすく冷めやすいところがあるため、目的を達成せずに終わることも多いようです。
また、ユニークな才能にも恵まれ、芸術面、技術面、学術面に優れたものを持っているため、移り気な面も慎みひとつのことに粘り強く努力する姿勢を貫けば、素晴らしい成果を得られるでしょう。
身旺の場合はさらに吉となり、「干合」されると凶星である偏印は吉星のような働きとなり、命式全体が良化されます。

月柱の天干通変星が「偏印」、元命が「偏印」の組合せの場合

ユニークな個性派でマイペースなタイプです。親切で面倒見がよいのですが、自分の考えを押しつけるような面には気をつけなければなりません。月柱以外にも「偏印」がある場合は生活面が定まらず不安定な運気を持つことになります。
特に女性はその傾向が強く、異性問題で苦労したり子供との縁が薄い暗示を持ちます。
この組合せのタイプは、異性の場合はリーダーとなって活躍する人も少なくありません。ただし、ワンマンとなりがちで、自分勝手に行動しすぎると足を引っ張られることがありますので、その点には注意が必要でしょう。

性格面
個性豊かなタイプが多くなります。親切で人の面倒見は良いのですが、好き嫌いが激しく、人望が得られないうらみがあります。また、片親との縁が薄い傾向があり、女性は子供との縁が薄い暗示があります。

仕事面
指導者的立場に付く人が多いのですが、不名誉な事件に巻き込まれたり、足を引っ張られたりする事がありますので、注意しましょう。

金銭面
大きく入って大きく出ていくという具合に、波が大きい傾向があります。一発勝負の投機などは、リスクが大きいので慎重さが必要です。

十二運星でみる������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「絶」の場合の初年期の運勢

親との縁が薄い暗示があり、早くから自立する傾向があります。また、健康に恵まれにくい暗示を持ちます。
子供時代には怪我をしやすい傾向があり注意が必要です。また、親とシーソーのような関係となる運気のため、親が発展していれば、自分自身が健康に恵まれずに病弱となったり、反対に、本人が健康で発展していけば、親の運気が低迷したり、片親との生き別れや死別を味わったりする傾向があります。

月柱の十二運星が「衰」の場合の中年期の運勢

発展性が乏しい中年期となりがちです。運勢的には、極端に落ち込むことは少ないのですが、金銭面での損失が大きい暗示がありますので、注意が必要です。他人の世話や身内の面倒を見るなどの苦労があります。特に保証人を引き受けたり、大きな投資をすることは避けた方が無難です。

日柱の十二運星が「衰」の場合の性格や運勢傾向とは

控えめで温順なタイプです。まじめで慎重派なのですが、株や投機をすると損がおおきくなります。親との縁が薄い傾向があります。

������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「偏印」の場合の恋愛傾向

ムラッ気があり、熱しやすく冷めやすい特徴を持っており、激しい恋も冷めるのが早く、恋愛に関しては不安定な傾向があります。移り気となり、その場限りの恋愛を繰り返さないよう気をつける必要があるでしょう。特に月柱の天干通変星が「劫財」の人は縁談に支障を生じる暗示があり、交際中のトラブルに注意してください。

そして女性であるあなたの場合、月柱の天干通変星に「正官」か「偏官」がある場合は、異性関係のトラブルを起こしやすい暗示があるため、交際には慎重さが望まれます。また、月柱の天干通変星に「傷官」がある場合には、結婚後は夫とのトラブルに注意が必要でしょう。

日柱の地支通変星が「偏印」の場合の配偶者のタイプ

先天的な配偶者運はあまり良いとは言えず、結婚生活は波乱含みの傾向があります。特に命式が「身旺」の場合は、結婚生活が不安定となりがちです。また、命式中の元命が「食神」の場合は、配偶者に剋害こくがいされる傾向が強く、男女とも結婚後は苦労が多くなりがちです。あなたの配偶者は自分に似た気質を持っており、何を考えているか分からないような相手に縁があり、ユニークな個性はや才能豊かなタイプが多いようです。また、エキゾチックな雰囲気を持っている相手に惹かれることもあります。

そして女性であるあなたは、あなたが惹かれる相手やあなたの配偶者のタイプは、冒険心に富み自由な発想を持つ型破りなタイプです。熱しやすく冷めやすい面を持っており、非常に個性的で波乱の多い人生を歩む傾向があります。そのため、あなたの結婚生活も不安定となりがちで、特に、命式中の元命が「食神」の場合は、結婚後のあなたの人生は波乱が多く、不安定となる傾向が強まります。

������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:12日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1973年
0-10歳
己未 偏印 華蓋・月徳合貴人・天徳合貴人・血刃 半会(年)
~1983年
11-20歳
庚申 劫財 帝旺 劫殺
~1993年
21-30歳
辛酉 比肩 建禄 紅艶・因獄・隔角 冲(年)
~2003年
31-40歳
壬戌 傷官 冠帯 羊刃 支合(年)、刑(月)、破(月)、刑(日)、破(日)
~2013年
41-50歳
癸亥 食神 沐浴 金輿禄・大極貴人 半会(年)、半会(月)、半会(日)、三合(年-月)、三合(年-日)
~2023年
51-60歳
甲子 正財 長生 天厨貴人・文昌貴人・月徳貴人・天徳貴人・咸池 刑(年)、害(月)、害(日)
~2033年
61-70歳
乙丑 偏財 刑(月)、冲(日)、刑(日)
~2043年
71-80歳
丙寅 正官 大極貴人・天乙貴人・亡神 干合(日)
~2053年
81-90歳
丁卯 偏官 血刃 半会(月)、半会(日)
~2063年
91-100歳
戊辰 印綬 飛刃・暗禄 害(年)、干合(年)
~2073年
101-110歳
己巳 偏印 福星貴人・月徳合貴人・天徳合貴人・駅馬
~2083年
111-120歳
庚午 劫財 天乙貴人・隔角 破(年)、支合(月)、支合(日)

������������さんの元命は「偏印星(凶星)」で命式は「身旺」です。

偏印星が凶を発揮しない条件
  • 「干合」する場合
  • 「偏財」がある場合
偏印星が凶を発揮する条件
  • 「食神」が巡るとき
  • 「偏官」「正官」がある場合
  • 「偏印」が3つ以上ある場合

大運十二運星で見る2014年 ~ 2023年(51~60歳)までの運勢は

運気が好転していきますので、何を初めても良い時期です。特に命式が「身旺」の人にとっては、スムースに活動出来るときとなります。また、「身弱」の場合でも、この時に巡ってくる通変星が「比肩」か「劫財」の場合には吉作用が強くなります。ただし、元命にとって凶があれば、吉凶相反する事になります。

������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 58歳辛丑比肩
2022年 59歳壬寅傷官
2023年 60歳癸卯食神
2024年 61歳甲辰正財
2025年 62歳乙巳偏財
2026年 63歳丙午正官
2027年 64歳丁未偏官
2028年 65歳戊申印綬帝旺
2029年 66歳己酉偏印建禄
2030年 67歳庚戌劫財冠帯

歳運から見た������������さんの2021年の運勢

������������さんにとって2021年は独立心が強くなり、自我も相当強くなるタイミングですので、積極的に物事をやろうとする気運が高まります。しかし、やり過ぎによる失敗など、勇み足には注意が必要です。
何事においても慎重に行動することが望まれる年となり、命式が「身旺」の人は特に注意が必要です。
既婚女性の場合で、結婚に不安のある人は、離別し独立する運気が高まります。

慎重運
  • 独立心旺盛となり、新しいことにチャレンジしたり、冒険的なことに自分を賭けたりしがちとなる。
  • 強引に事を進めると失敗することがあり、慎重な行動が望まれる。

歳運から見た������������さんの翌年(2022年)の������������さんの運勢

������������さんにとって2022年はトラブルを生じやすい年です。不名誉な事件を起こしたり、わずらわしい出来事に巻き込まれたりしがちで、仕事面でも苦労や悩みを生じます。
反抗的気運が高まる時で対人面が不安定となる傾向があります。女性の場合は男性とのトラブルに注意が必要で、特に既婚女性は夫との関係に変化やトラブルを生じやすくなります。

変動運
  • マンネリを打破するにはよい年で、持っている才能が開花しやすい年。
  • 感性や直感力が鈍くなるため、企画などで独自のアイデアを生かせます。
  • 一方、家庭面では苦労が多い年となります。