四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2021年)と来年(2022年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「偏財」の場合

空亡、冲、刑がなければ、資産家の生まれであることが多く、祖先の恩恵が厚いタイプです。しかし、命式中に「比肩星」が多いと財産争いをする暗示を持ちます。男性は女縁が多いとされます。
魅力的なタイプが多く、趣味も豊富、話題も豊富です。流通財の星でもある「偏財星」のため、お金の出入りは激しいですが、金運にはツキがあります。芸術や芸能に造詣ぞうけいの深い人が多く、遊び仲間や趣味仲間としては最高に楽しい相手と言えます。
男女とも魅力的なタイプだけに異性問題を起こしやすい暗示を持っており、特に男性は艶福家えんぷくかとなる傾向があります。

元命が「偏官」の場合

元命に「偏官」を持つ人は豪気ごうき義侠心ぎきょうしんに富む親分肌の人が多く見られます。弱者にとっては頼りがいのある心強い人物となりますが、その反面、競争心や闘争心が強いため人と衝突しやすいところには注意が必要です。
また、冒険心が旺盛で即実行に移す行動力がありますが、しっかりと計画を立てた上で行動するタイプではないため、時として失敗することがあります。
権謀術策けんぼうじゅっさくに秀でており、自らを高く評価する自信家ですが、単機で横柄な面には気をつけたいところです。
特に男性はアルコールが入ると人と衝突しやすくなりますので注意が必要です。

月柱の天干通変星が「偏財」、元命が「偏官」の組合せの場合

野心家で権力志向の強いタイプです。頑張り屋さんですが傍若無人ぼうじゃくぶじんなところがあるため、生意気とみられて、損をすることがあります。何事も、最初は勢いがあるのですが、尻すぼみとなりがちな点に注意しましょう。
この組合せのタイプは発展する可能性を内に秘めていますが転業や転職を繰り返すと尻すぼみとなり、苦労も多くなりがちです。月柱以外に「正官」を持っている人はその傾向が強まりますので注意が必要でしょう。女性は夫に苦労する暗示を持っています。

性格面
粗野なタイプが多く、命式が「身弱」の人は独立心に乏しく依頼心が強くなります。また、人生に大きな波が訪れるなど、何かと苦労しがちです。女性は夫とのことで苦労することが多く、命式で月柱以外に「正官」があると、男性関係が乱れが地となります。

仕事面
仕事上のトラブルを生じやすく、組織内では苦労が多くなります。特殊な才能を生かす職業や一匹狼的な職業に向いており、プロのスポーツ選手なども適職です。

金銭面
金銭的には余りツキのない生まれで、金銭の損失も度々で苦労するでしょう。早くから堅実な財正管理を心がける必要があります。

十二運星でみる������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「冠帯」の場合の初年期の運勢

親の運気の強いときに生まれることが多く、わがままに育つことが多いようです。親の手厚い庇護ひごがあるため、初年期は安泰と言えますが、中年期以降になると夫婦縁が変わることがあります。
子供時代は活力のある子供です。人によって違いはありますが、スポーツなどをすると伸びる可能性があります。

月柱の十二運星が「墓」の場合の中年期の運勢

親、兄弟の面倒や人の世話などで忙しく動き回ることが多く、金銭面での支出も多い暗示があります。
家庭面でも金銭面でも変動が大きい中年期となりがちで、月柱以外にも「墓」があると、より運気の変動が激しい傾向となります。

日柱の十二運星が「胎」の場合の性格や運勢傾向とは

ムードや雰囲気を好む傾向があり新しい物好きです。職業を転々としやすく、仕事面が不安定となりがちです。また、男女とも家庭運に恵まれない暗示があり、特に女性は結婚生活での苦労が多いようです。

������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「偏官」の場合の恋愛傾向

波乱が多い恋愛運となり、愛上面でのトラブルを起こしやすい傾向があります。熱しやすく、冷めやすいタイプとなり、特に女性にとっては凶兆きょうちょうが出やすくなります。

そして男性であるあなたの場合、特に月柱の天干通変星が「劫財」の場合は夫婦間のトラブルを生じやすく、「偏財」の場合ですと、異性問題で金銭を損失する暗示をもっています。また、「印綬」の場合には、女性にだらしないところがありますので、その点には注意が必要でしょう。

日柱の地支通変星が「正財」の場合の配偶者のタイプ

自分自身と同じような質をもつ相手や、元命に「正財」を持つ相手に惹かれたり縁を生じたりします。あなたの配偶者のタイプは几帳面なタイプが多く、堅実でまじめ、常識的な感性を持っています。全般的な傾向としては家庭的でマイホーム型の配偶者に縁があります。しかし、命式中の元命が「比肩」や「劫財」の場合、あなたが原因で家庭生活が思うようにいかなくなることがあり、「印綬」の場合には、結婚後に苦労が多くなる暗示があります。

そして男性であるあなたは、先天的な配偶者運はとてもよく、あなたの配偶者は家庭的なタイプで家庭内のことはきちんとする女性です。あなた自身も配偶者にしっかりと家庭を守って貰いたい欲求が強く、家庭的で従順な相手を好む傾向があります。特に命式中の元命が「正官」であれば、配偶者から援助される暗示をもっています。しかし、命式が「身弱」で命式中に「食神」や「傷官」が多いと、あなたの精力が奪われる形となり、結婚後は身体を弱めることになりがちです。また、命式中に「正財」や「偏財」が多い場合や「偏財」がある場合は、家庭生活が不安定となりがちで、特に、あなたの命式が「身弱」で「正財」や「偏財」が命式中に多い場合には不安定さがより強まります。

������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:1日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1959年
0-1歳
丙辰 偏財 福星貴人・華蓋・血刃 冲(年)、刑(月)
~1969年
2-11歳
丁巳 正財 大極貴人・天乙貴人・月徳合貴人・天徳合貴人・亡神 干合(日)
~1979年
12-21歳
戊午 偏官 飛刃 半会(年)、刑(日)
~1989年
22-31歳
己未 正官 刑(年)、破(年)、支合(日)
~1999年
32-41歳
庚申 偏印 長生 大極貴人・駅馬 半会(月)
~2009年
42-51歳
辛酉 印綬 沐浴 隔角 害(年)、支合(月)、干合(月)
~2019年
52-61歳
壬戌 比肩 冠帯 月徳貴人・天徳貴人 半会(日)
~2029年
62-71歳
癸亥 劫財 建禄 劫殺 干合(年)
~2039年
72-81歳
甲子 食神 帝旺 紅艶・羊刃・隔角・血刃・因獄 半会(月)、冲(日)
~2049年
82-91歳
乙丑 傷官 金輿禄 刑(年)、破(月)、害(日)
~2059年
92-101歳
丙寅 偏財 暗禄・天厨貴人・文昌貴人 半会(年)、半会(日)、三合(年-日)
~2069年
102-111歳
丁卯 正財 天乙貴人・月徳合貴人・天徳合貴人・咸池 支合(年)、害(月)、破(日)、干合(日)

������������さんの元命は「偏官星(凶星)」で命式は「身弱」です。

偏官星が凶を発揮しない条件
  • 「干合」する場合
  • 「食神」か「印綬」が巡る場合
偏官星が凶を発揮する条件
  • 「正官」が巡る場合
  • 「偏官」が3つ以上ある場合
  • 「偏財」「正財」がある場合

大運十二運星で見る2020年 ~ 2029年(62~71歳)までの運勢は

運気は強く、盛大となりますが、特に命式が「身旺」の人にとっては、順調で何事もうまくいく時期となります。「身旺」の人で、命式中の元命にとって吉の通変星が巡っていれば、前五年は比較的順調ですが、後五年は失敗や苦労が多くなりますので、特に気をつけなければなりません。凶星が巡っていれば、十年間は何事にも慎重さが必要となります。それ以外の人で、特に「身弱」の人は、非常な発展期となります。しかし、元命にとって凶星が巡っている場合は、無理は禁物で、特に前五年は用心したいところです。

������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2021年 63歳辛丑印綬
2022年 64歳壬寅比肩
2023年 65歳癸卯劫財
2024年 66歳甲辰食神
2025年 67歳乙巳傷官
2026年 68歳丙午偏財
2027年 69歳丁未正財
2028年 70歳戊申偏官長生
2029年 71歳己酉正官沐浴
2030年 72歳庚戌偏印冠帯

歳運から見た������������さんの2021年の運勢

������������さんにとって2021年は勉学によい時期で、技術や知識を習得するのには最適な年となります。
目上からの引き立ても期待でき、社会的な名誉が得やすい年です。
また、今後のことや将来のことをじっくり考えるのにはよい時期です。

好調運
  • 積極的な活動が功を奏する年で、地位向上や名誉、名声に縁あり。
  • 金銭面に関しては利が少ない傾向。
  • 異性面は良好で、家庭内も安泰な年。

歳運から見た������������さんの翌年(2022年)の������������さんの運勢

������������さんにとって2022年は独立心が強くなり、自我も相当強くなるタイミングですので、積極的に物事をやろうとする気運が高まります。しかし、やり過ぎによる失敗など、勇み足には注意が必要です。
何事においても慎重に行動することが望まれる年となり、命式が「身旺」の人は特に注意が必要です。
既婚女性の場合で、結婚に不安のある人は、離別し独立する運気が高まります。

注意運
  • 自己主張が強くなり、闘争心が高まる時。
  • 対人面がスムースにいかなくなる傾向あり
  • 人との争いには注意が必要。
  • 揉め事が多く、女性は夫との関係が不安定となりがち。