四柱推命しちゅうすいめいは生まれた「年」「月」「日」「時」の四つの干支えとを柱とし、その人の先天的な可能性を推し量る占術です。他の占いよりも複雑な占い方をし、よく当たることから究極の占いとも言われています。

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」では、入力された情報からあなただけの「命式表」を作成し、それに基づいたあなたの「性格・仕事・金銭面の運勢傾向」「恋愛・配偶者運」「10年毎の運勢」「今年(2022年)と来年(2023年)の運勢」を完全無料で鑑定いたします。

生年月日:
出生日時: 
性別: 
名前:

各柱の通変星でみる���������������さんの運勢傾向

月柱の天干通変星が「偏印」の場合

兄弟との縁が薄く、疎遠となる傾向があります。命式中に他にも「偏印星」がある場合は親との縁も薄く家庭環境は不安定となりがちです。また、女性は結婚運が不安定となる暗示を持っています。
ユニークな才能に恵まれている人が多く、芸術関係などに特異な才能を発揮する人が多く見られます。対人面に関しては、来る物は拒まずのタイプですが、気の合う友人としか交際しない傾向があります。また、自分の興味を惹かれることに関しては夢中になって取り組みますが、熱が冷めると途端に無関心になってしまう傾向が見られます。そのため、人生に浮き沈みが多くなる暗示を持つことになります。

元命が「偏財」の場合

奉仕と博愛の意味を持つ「偏財星」を元命に持つ人は愛情豊で世話好きなタイプが多く見られます。
サービス精神が旺盛で人を引きつける魅力があり、多くの人から慕われます。そのため、男性の場合は特に女縁に恵まれる暗示を持ちます。命式中に「正財星」「偏財星」があると艶福家えんぷくかになるか女難の相のどちらかとなります。
命式が「身旺」であれば艶福家、「身弱」であれば女難の相となります。
交際範囲も広く人付き合いもよい性格ですので、交際費がかさむ傾向があります。収入があっても気前よく散財して収支のバランスを崩しがちな面には気をつける必要があります。

月柱の天干通変星が「偏印」、元命が「偏財」の組合せの場合

頑張り屋でガッツに溢れるタイプで、即実行に移す行動力があり、何事も自分でやり遂げようとする力強さを持っています。
父親との関係が不安定な暗示があり、男性は女性とのトラブルにも注意が必要でしょう。
この組合せのタイプはスムースに発展する暗示を持ち、仕事運は良好で、実業界で発展する可能性があります。

性格面
太っ腹なところがあり、思い切りの良い性格です。福分の厚い生まれで、何事もスムーズに展開します。しかし、男性は遊び好きで女性問題を起こしやすく、特に命式で月柱以外にも「正財」や「偏財」があると、その傾向が強まります。女性は男性に尽くし、貢ぐタイプが多いようです。

仕事面
出世運に恵まれ、どのような仕事であっても発展する可能性があります。サラリーマンはもとより、自営や共同事業でも成功できます。

金銭面
財運に恵まれていますが、気前よく散財するタイプです。特に男性は女性のための散財が多く、女性は男性に貢ぐところがあります。

十二運星でみる���������������さんの運勢傾向

各柱にある十二運星で先天的な運勢を判断することが出来、年柱の十二運星では「初年期」、月柱の十二運星では「中年期」、時柱の十二運星では「晩年期」、日柱の十二運星では自分の性格や、運勢傾向を見ることが出来ます。

年柱の十二運星が「絶」の場合の初年期の運勢

親との縁が薄い暗示があり、早くから自立する傾向があります。また、健康に恵まれにくい暗示を持ちます。
子供時代には怪我をしやすい傾向があり注意が必要です。また、親とシーソーのような関係となる運気のため、親が発展していれば、自分自身が健康に恵まれずに病弱となったり、反対に、本人が健康で発展していけば、親の運気が低迷したり、片親との生き別れや死別を味わったりする傾向があります。

月柱の十二運星が「衰」の場合の中年期の運勢

発展性が乏しい中年期となりがちです。運勢的には、極端に落ち込むことは少ないのですが、金銭面での損失が大きい暗示がありますので、注意が必要です。他人の世話や身内の面倒を見るなどの苦労があります。特に保証人を引き受けたり、大きな投資をすることは避けた方が無難です。

日柱の十二運星が「沐浴」の場合の性格や運勢傾向とは

素直で社交的な性格です。技術、学術面に優れたものがありますが、物事に迷いやすい面とやや軽率な面があります。吉凶神殺星に「咸池かんち」があると色情面に注意が必要で、家庭生活が不安定となる傾向があります。

���������������さんの先天的な恋愛・配偶者運

元命からあなたの好みの異性のタイプ、日柱の地支通変星からあなたがどのような配偶者と縁があるのかを判断していきます。
配偶者運については、干支生剋で「日-月」間に「冲」「刑」がある場合は、夫婦の絆がもろく、何かの折には簡単に絆が切れてしまうことがありますが「日-月」間に「支合」がある場合は、夫婦の絆が強くなりますが、仮に別れたいと思ってもなかなか絆が切れずに別れられないことが多くなったりします。

元命が「偏財」の場合の恋愛傾向

社交的なタイプが多く、愛情豊で世話好きです。交際範囲も広く、男女とも異性にモテる人が多いようです。
月柱の天干通変星に「劫財」がある場合、色情の過ちを生じやすくなり、「比肩」の場合には、異性問題で金銭トラブルを生じることがあり、注意が必要でしょう。

そして女性であるあなたの場合、愛情豊で母性本能が発達した人が多く見られます。相手の男性に尽くすタイプが多く、特に月柱の天干通変星が「偏官」「偏財」の場合は、その傾向が強くなります。しかし、「偏官」の場合には、恋人や夫に尽くす割には相手のために苦労や悩みが多くなりがちです。

日柱の地支通変星が「傷官」の場合の配偶者のタイプ

先天的な配偶者運はあまり良いとは言えず、特に女性の方に凶兆が出やすくなります。また、命式中の元命が「正官」の場合は、特に結婚運が不安定となる傾向があります。しかし、元命が「正財」か「偏財」の場合には比較的安定するでしょう。
あなたの配偶者タイプは、プライドが高く、デリケートで感性豊かな芸術家肌のタイプが多く、またそういう人に惹かれる傾向があります。命式が「身弱」の場合は、結婚後にあなた自身の身体が弱まることがあります。

そして女性であるあなたは、あなたの配偶者は非常に感性が豊かなタイプが多く、また神経質な面があります。プライドが高く反抗心も旺盛で、いつまでも夢を追い求める傾向があります。命式中に「正財」か「偏財」がない場合は結婚後に生活面が不安定となる傾向があります。また、命式中に「正官」があると結婚運は悪くなりがちです。※命式が「身旺」で「正財」か「偏財」があると安定し、「身弱」の場合でもそれに加え「印綬」があると安定します。

���������������さんの大運表(10年運)

「大運」とは10年周期の運気で、人生に大きな影響を与えます。

順行運:7日

                       
年齢 干支 通変星 十二運星 吉凶神殺星 五行 干支生剋
~1960年
0-2歳
癸丑 偏印 福星貴人・華蓋・血刃 半会(年)、半会(日)、三合(年-日)
~1970年
3-12歳
甲寅 劫財 帝旺 劫殺 刑(日)、害(日)、干合(日)
~1980年
13-22歳
乙卯 比肩 建禄 月徳合貴人・天徳合貴人・因獄 冲(年)
~1990年
23-32歳
丙辰 傷官 冠帯 羊刃 支合(年)、破(月)
~2000年
33-42歳
丁巳 食神 沐浴 金輿禄・血刃 半会(年)、半会(月)、三合(年-月)
~2010年
43-52歳
戊午 正財 長生 天厨貴人・文昌貴人・大極貴人・咸池 害(月)、干合(月)
~2020年
53-62歳
己未 偏財 刑(月)
~2030年
63-72歳
庚申 正官 紅艶・天乙貴人・月徳貴人・天徳貴人・亡神 支合(日)、刑(日)、破(日)、干合(日)
~2040年
73-82歳
辛酉 偏官 隔角 刑(年)、半会(月)、半会(日)、三合(月-日)
~2050年
83-92歳
壬戌 印綬 飛刃・暗禄 害(年)、干合(年)、刑(月)
~2060年
93-102歳
癸亥 偏印 福星貴人・駅馬 冲(日)
~2070年
103-112歳
甲子 劫財 大極貴人・天乙貴人・隔角 破(年)、支合(月)、干合(日)

���������������さんの元命は「偏財星(吉星)」で命式は「身弱」です。

偏財星が吉を発揮する条件
  • 「食神」がある場合
  • 「正官」が巡る場合
偏財星が吉を発揮しない条件
  • 「干合」する場合
  • 「比肩」や「劫財」が巡る場合
  • 「偏財」「正財」が3つ以上ある場合

大運十二運星で見る2021年 ~ 2030年(63~72歳)までの運勢は

心機一転する時期で、心境を変えるには良いとき。しかし、新しいことを始めるに際しては、運気はまだつぼみの状態ですので、無理に勧めてもたいした成果は得られません。土台作りの時と心得て、苦労を実にするよう努力することが大切です。命式中の元命にとって吉作用を及ぼす通変星が巡っていれば、努力すればするだけ後の実りが期待出来ます。また、命式が「身弱」の場合は、守勢に回る方が安全で、元命にとって吉の作用を及ぼす通変星であっても、用心深く進むことが大切です。逆に元命にとって凶作用を及ぼす通変星が巡っている場合は、この時期は大いに力を養うことが出来るはずです。

���������������さんの歳運表(1年運)

大運が吉であれば、年運が凶であってもそれほど強く凶意を感じずに済みますが、大運・年運ともに凶であれば、年運の凶のダメージは強く、凶兆も大きくなります。また、年運が吉であっても、大運が凶である場合はそれほど運気の良さは感じる事が出来ません。しかし、大運・年運ともに吉であれば、非常に良好な運気となります。

干支 通変星 十二運星 五行
2022年 64歳壬寅印綬帝旺
2023年 65歳癸卯偏印建禄
2024年 66歳甲辰劫財冠帯
2025年 67歳乙巳比肩沐浴
2026年 68歳丙午傷官長生
2027年 69歳丁未食神
2028年 70歳戊申正財
2029年 71歳己酉偏財
2030年 72歳庚戌正官
2031年 73歳辛亥偏官

歳運から見た���������������さんの2022年の運勢

���������������さんにとって2022年は勉学によい時期で、技術や知識を習得するのには最適な年となります。
目上からの引き立ても期待でき、社会的な名誉が得やすい年です。
また、今後のことや将来のことをじっくり考えるのにはよい時期です。

順調運
  • 何事も順調に進展するため、基礎を築くのには最適な年。
  • 社会的信用も高まり、積極的な行動が功を奏する。

歳運から見た���������������さんの翌年(2023年)の���������������さんの運勢

���������������さんにとって2023年は新しいことにチャレンジしたくなる年です。コレまでの方針を変更したり、改革を試みたくなったり、また、偏角を余儀なくされることもあります。しかし、この年は苦労の多い年ともなり、思わぬ病気や怪我などにも遭いやすく、健康面も不安定となりがちです。運勢的には低迷運となります。

平運
  • 人の面倒を見たり、世話することが多くなる年。
  • 副業や趣味など、これまでとは違った分野にチャレンジする傾向あり。